「LTE」とは?意外と知らないLTEについてもっと知ろう

投稿者: | 2018年1月7日

「LTE」とは?意外と知らないLTEについてもっと知ろう

 

普段何気なく使っているスマートフォンの「LTE」ですが、皆さんはLTEとは一体何なのか知っていますか?

 

高速通信?新しい通信規格?みんなが意外と知らないLTEについて、今回しっかり学びましょう。

 

そもそもLTEとは?

 

LTEとは、「Long Term Evolution」の略で、日本語で長期的進化という意味になります。長期的進化と聞いても、いまいち何だかイメージできませんよね。

 

簡単にいうと、従来の通信規格である3Gと第4世代である4Gの間にある3,9Gと呼ばれる次世代携帯電話の通信規格のことです。ただ、世界的には第4世代(4G)通信として扱われています。

 

3Gと比較すると、格段にスピードが上がっています。従来の通信速度よりも高速な新しい通信規格ということですね。

 

docomoなどの各キャリアは、LTE対応エリアをどんどん拡大しています。これから、ますますLTEが繋がりやすい環境になっていくことでしょう。

3Gと何が違う?

 

 

従来の通信規格の3Gとの違いは、通信速度です。

 

3Gの通信速度は、下り数Mbps~14Mbpsほどに対して、LTEは下り75Mbps~100Mbpsほどになります。

 

数字だけ見ても、大きな差があることがわかりますね。

 

Wi-Fiとの違い

 

では、私たちがよく利用するWi-Fiとは何が違うのでしょうか?

 

最も大きな違いは、通信範囲です。

Wi-Fiは家の中やカフェなどの店の中の数十メートル範囲内にある無線LANルーターとしか通信をしませんが、LTEでは遠くの基地局と通信を行います。

 

そのため、Wi-Fiの電波が入らない店の外などに出ると使っていたWi-Fiは使えなくなりますが、LTEなら大抵どこにいても通信が可能です。

 

ただ、Wi-Fiの最大のメリットは、公共の無線LANを利用する場合、使用料金が一切かからないことです。加えて通信も安定しているケースが多いです。

 

どこかに出かけてWi-Fiが使える環境があれば、なるべく使った方がスマホ代の節約にもなるのでいいですね。

 

どこでもLTEがつながる時代はもうすぐ

 

各キャリアは、LTEの対応エリアをどんどん拡大していると述べました。

 

現在は、少し田舎や山奥などに行くとLTEを掴まないことがあるかもしれませんが、今後はどこにいてもLTEの電波をキャッチする時代になることが予想されます。



【FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

Kohei@7

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 × five =