中村信二 営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功するを読んで営業やってて良かったと思った。

投稿者: | 2018年1月3日

営業の魔法 感想

この頃仕事で営業について真剣に取り組む必要が出てきたこともあり、再度営業関連のビジネス書を手にとっております。今回は思い立ってこの 中村信二 営業の魔法 この魔法を手にした者は必ず成功するという本を読んでみました。

この本ですが、過去数年ブックオフオンラインでブックマークし続けていたのですが、いっこうに価格が下がる気配がなく、うーんこのまま待っていても埒が明かない、、、ということで購入した次第です。

思い切ってみましたが、やはり価格が下がらないだけのことはある、なかなかいい本でした。

中身としては、ある駆け出しの営業マンが、ひょうんなことからあるスーパー営業マンの個人レッスンを受けるようになり、徐々に営業マンとして成長してゆく、というストーリーです。

これだけ聞くと、やれやれ、またそういったよくある話か・・・ということになりそうですが、そういったうがった見方を持って読んでもなお、学ぶところ・心に響くところの多い、素晴らしい本でした。

営業のテクニック的なもの勿論学べますが、こころの持ち方等も含めて、改めて営業をやっていて良かったと思わせてくれました。言ってみれば、私自身も魔法をかけてもらったような気がしております。

ネタバレするので、抜粋等は避けますが、一文だけ紹介します。

営業とは、お客様の問題を解決するお手伝いをする職業です。そして、お客様と成長の感動を共有するという使命があるのです。

(P43より引用)

営業の魔法を手にいれつつもお客様の問題解決に力を尽くし、お客様と成長の感動を共有する、そんな風に自分もますます精進してゆきたいと思いました。かなり参考になる一冊です。




【FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

2013年7月24日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twelve − nine =