10 年後、後悔しないための自分の道の選び方を読んだ

投稿者: | 2017年1月3日

本日はボブ・トビンさんが執筆された「10 年後、後悔しないための自分の道の選び方」をご紹介いたします。

まず表紙の「未来のために、今を生きよう、考えよう」というキャッチコピーと「あなたは、望みどおりの人生を生きている、と言えますか?」という文字が目を引きます。

後悔

私は、今の自分の人生を変えたいと思っています。しかしながら、多忙を言い訳にして、特に努力は出来ていません。

「これは、あなたの望む人生ですか?」と聞かれれば、「ある側面では幸せだが、自分を全体でみてみると決して幸せではない」という、何とも「矛盾する、答えようがないような微妙な状態」が正直なところです。

そんな私でも、前向きな気持ちになれた・心を動かされた箇所をご紹介いたします。まず、100ページ目「Lesson 4 行動を妨げる不安を克服する」のページで、「最適なタイミングを見計らって、勇気を出して意見を言う」という言葉が気になりました。

少し引用しますと、
「夢について人と話をすると、夢は今実現できるものではないと言います。夢が実現するのはまだ先のことで、今ではないと。」この一文に心動かされました。

まさに目からウロコです。私はいつも、何だかんだで「やらない言い訳」を自分で作って夢を先送りにしているのではないか?と、あえて自問自答です。数秒で「そうだな・・・先送りしているな・・・」と反省です・・・・。

先の引用文には続きがありますので追記で引用します。

「やりたいことに近づくには勇気が必要です。嫌なことから遠ざかる時も同じです。」


そしてもう一つ、「Lesson 8 必ず幸せになれるマニフェスト10項目」(192ページ)も素晴らしい内容ですので、引用してご紹介いたします。

1 一人の時間を持つ
2 最高の人たちとつきあう
3 気にしすぎない
4 人に親切にする
5 あきれるほどポジティブでいる
6 人の行動に判断を下さずに相手の話を聞く
7 好きな仕事をする
8 自分の問題を他人に背負わせない
9 喜びや幸せを優先する
10 笑顔を絶やさない


どうです?一見すると簡単なマニフェストですが、毎日心に思っていれば幸せになれそうな気がしますよね?人生という大きな枠ではなく、例えば仕事面で当てはめてもうまくいきそうです。

「好きな仕事をする」というところは考え方の違いがでるかもしれませんが、もしも仕事が好きになれないような業務であっても、自分なりに小さな楽しみを見つけていければ、少しずつ良くなっていくと思います。また、同ページに「幸せな人たちは歩くのが速い、自分の行動に納得しているから歩くのが速い。」とあります。

そんなマニフェストを読んで思うのは、自分にもっともっと自信を持って、自分の行動に納得して、日々の生活と将来を良くしたいなぁ~と前向きな気持ちになれました。
ぜひ皆様も読んでみて下さいね! writer:カイト


目次:
Lesson1 充実した働き方を手に入れる方法
Lesson 2 最悪の決断は何も決めないこと
Lesson 3自信を身につけ、持ち続ける
Lesson 4 行動を妨げる不安を克服する
Lesson 5 学びは一生の財産
Lesson 6 ただなんとなくMBAをとってはならない
Lesson 7 常に付加価値を発揮する方法
Lesson 8 幸せでいることを最優先する
Lesson 9 世界を広げる
Lesson 10 逆境をバネにする
Lesson 11 すべてはあなた次第

*ぜひ、以下の記事もあわせてお読みください。
「運は創るもの 私の履歴書」 ニトリ社長 似鳥昭雄さんの自伝を読んだ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です