「最強の働き方」ムーギー・キムを読んだ

投稿者: | 2016年11月20日

本日はムーギー・キムさんが執筆された「最強の働き方」をご紹介いたします。ムーギー・キムさんは慶応義塾大学総合政策学部を卒業された後に、INSEADにてMBAを取得され、外資系金融機関の投資銀行部門にて、日本企業の上場や資金調達に従事され、その後はグローバル・コンサルティング・ファームにて企業の戦略立案を経験なさっています。多くの国際的なプロジェクト経験されている、まさにエリート中のエリートであります。

グローバルエリート

そんなムーギー・キムさんが世界中の上司から影響を受けた一流の教訓が77項目も記載されています。本屋さんには「マッキンゼーではこうしている」、「ハーバード流はこうだ」等の書籍が乱立するなか、「誰にでも実践できる」ということにこだわった書籍であると、ご自身でも語られています。

また、読みやすさに重点を置かれているからか、とてもわかりやすく、すぐに実践したい内容が多いです。各章の最後には、まとめが記載されており、とても贅沢な書籍です。いくつか気になったタイトルを抜粋します。

・一流のメモはピラミッド構造
 論理的思考能力は、万時の細部にあらわれる

・資料はシンプルな一枚で要約
 アウトプット・イメージの全体像を、最初に共有する

・相手のニーズ・関心事を傾聴しながら、会話をする
 「アクティブ・リスニング」が信頼関係構築の基本

・タイムアロケーションで差がつく
 優先順位をつけ、ラクなことではなく、やるべきことをする

・自分の進化版2.0を目指す
どれほど忙しくても、十分な勉強の時間を確保する

・先回りし、長期的利益を優先せよ
 状況に反応するだけではなく、状況を作り出す



77項目もあるため、すべて書けませんが、他にも多くの興味深いタイトルがならびます。

その中でも「寿司屋の値段」に関するページがグッと来たので紹介します。
「寿司は哲学にお金を払う? -雑学ではなく、哲学のある仕事をせよ」というタイトルで、「寿司屋は正直、そこまで味に大差はない。しかし、なぜ板前寿司と、すきやばし次郎で一桁値段が違うのか」と議論なさったそうです。寿司マニアの友人がムーギーさんに言うには、安価なチェーン店でもミシュラン獲得の高級寿司店でも、味に値段ほどの差は無いと。ではどうして桁が違うほど値段に差があるのかというと、「寿司はこういうこだわりで作りたい」という哲学に代金を払っていると。「赤外線ファンヒーターのジャーで米を蒸して、寿司酢を混ぜたほうが美味しい」という効率よりも、「シャリはすべて特定の土鍋でゆっくり炊きあげ、すべて特定の赤酢でしめる」というこだわり哲学。この哲学に10倍の値段を払うとのことです。

これは個人的にグッときました。少し脱線しますが、DJ・ターンテーブリストのDJ KRUSHというアーティストをご存知でしょうか。彼は音の細部までこだわり、一つの音を構築するまでに、ミキサーのツマミを数ミリ単位で触っているといわれています。音楽に使われる機材にはプロ用とアマチュア用で大差はありません。ましてエフェクターで音を簡単に作れる時代です。しかし、一つひとつの音を聞きながらツマミで調整して構成するDJ KRUSH。耳の肥えた音楽ファンは彼の「細かいこだわり」に惹かれて、彼のことを音の職人と呼びます。そしてその音楽はすばらしく世界中にファンがいます。

話を戻しますが、世の中の一流といわれるビジネスパーソンは、一流だけが持っている哲学、作法やルールなどがあり、そこが一般人と大きな差なのかもしれません。この書籍では77項目も勉強するべきポイントがあります。「当たり前なことだが、普段は忘れていた」というようなことも記載されています。新入社員から役職者、経営層、フリーターまで読む人を選ばない素晴らしい書籍です。何度読んでも身になるため、いっそ表紙を取ってしまってブックカバーにでも入れるのが・・・・・これ以上は書けませんが、個人的には絶対やってほしいオススメポイントです。ぜひ読んでみて下さい。 @カイト


(目次)
はじめに
第1章 一流への道は一流の基本から――知らない秘策より、知っている基本の完成度
第2章 一流の自己管理――一流への道は生活習慣から
第3章 一流の心構え(マインドセット)――一流と二流の間にあるもの
第4章 一流のリーダーシップ――まわりから支えられる人はココが違う
第5章 一流の自己実現――自分を知り、自分を自由にする
おわりに

*ぜひ、以下の記事もあわせてお読みください。
仕事の思想 田坂 広志著 PHP文庫を読む

【FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】




Related Posts with Thumbnails

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です