柴田和子 終わりなきセールス 日本一の保険のおばちゃんの営業指南本 第二弾

投稿者: | 2016年9月24日

まだ社会人かけ出しの頃、同著者の「正々堂々のセールス」という本を手に取ったことがあったが、先週書店をぶらついていた時に、この本に遭遇して、昔読んだ本を思い出しつつ、ちょっと悩んだが、買ってみた。書店で本を買ったのは、かなり久しぶりではあるのだが、しかも2月に出たばかりの様子で個人的には運命的なものを感じている次第。

この『柴田和子 終わりなきセールス』は第一生命で、生命保険の販売で30年連続で日本一を記録した伝説のセールスレディ柴田和子さんが、自らの集大成的に書かれた営業本。


年間で440億販売したという記録を持つすごい保険のおばちゃんの営業論は、考え方・心の持ち方のようなものを中心に本当に参考になった。

特に、営業活動で本当に必要なのは、人間力であるというような指摘や、いかに大企業に対して、何度も断られながらも食いついてゆくのか、その時に必要な心構え・考え方は何か、人脈についての考え方、等々。

取引先の企業をどうみて、どういう企業と取引してゆくべきかについて語っている部分も面白かった。曰く、「追うか追わないかは、人を見て決めている。」(p66)

前半はなんとなく、生命保険の必要性的な記述が多く、若干もの足りない感じがしたが、後半は、本当にビンビンくる言葉が満載だった。

以下、簡単に抜粋してみる。

説明屋では成果を得られません。セールスとは相手の心をつかむことだからです。「この人の役に立ってあげたい」と思われることが重要なんですね p64

やはり、諦めないでチャンレジすることがセールスの基本中の基本なんですが、大切なのは特別なノウハウや特別なやり方なのではなく基本だと、私はいつも思っています。 p72

私は常に数字を大きく考える習慣があります。きちんとした知識としっかりと説明し納得していただける説得力があれば、大きな数字の契約でもいただくことができるんです。 p80

私は基本的な数字をよく見て、直感的に会社の真の状態を判断しているんです。・・・・基本情報で一番役に立っているのは『会社四季報』ですね。 P84

本当は、「保険に入ってください」「いいよ」というのが、最高のセールスなんですから、そうなるように人間力を磨くしかないんですね。

予想よりも大きな契約がいただけそうなとき、用意していた小さな契約で満足せずに、お客様に合わせた対応で大きく狙うというのが、私のやり方です。
p91

断られたと一々気にしていたら、セールスの世界では生きていけませんよ。 P92

紹介を頼む努力を重ねてキーマンに辿り着く。人間力でキーマンの信用を築く。この二つが大事なんです。 P141

人間力がセールスの決め手であり、人間力は直接に人と会うことでしか磨けないということを、これからの人たちはぜひ覚えておいて努力を続けてください。 P213

読後感は、『正々堂々のセールス』よりも大分こちらの方がぐーっとくる感じだった。

正直、今後30回ぐらい読み返す必要がある本だと感じている。自分を高められる素晴らしい本との出会いに感謝している次第だ。



【更新】
20160924 抜粋の文章を追加しました。

【関連記事】
改めて営業としての心構えをつくるために「営業は断られた時から始まる」 E・G・レターマンを再読してみた 20160922
私が読んだ営業で使えるテレアポ本をランキングしてみる 20120429



【FacebookページとTwitterのフォローお願いします!】

Related Posts with Thumbnails

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です