一生稼ぎ続ける営業マンのたった1つの習慣 森功有 を読んだ

投稿者: | 2016年6月25日

一生稼ぎ続ける営業マンのたった1つの習慣 森功有 を読んでみた。

以前ブログでも紹介した『営業で1番になる人のたった1つの習慣』と同著者による、続編的な書。

著者の森さんは富士ゼロックスのトップ営業マン等を経て独立した方で、”20年連続売り上げ計画目標を達成し続けている営業マン”だとのこと。

全体としては、一生稼ぎ続けるための「たった1つの習慣」は”お客様のビジネスパートナーになる”ことだとし、どう深い付き合いにつながるビジネスパートナー型の営業を行っていくか、ということについて語られている。また、前著同様、トップアプローチの重要性も説かれている。

個人的にはビジネスパートナーとなるための4つの視点という部分が参考になった。

4つの視点とは、

1.お客様の担当者の視点

2.お客様の経営者の視点

3.お客様のお客様の視点

4.お客様の株主の視点

だとのことで、この4つの視点で顧客対応ができることが、ビジネスパートナー型営業のクライテリアだと述べられていた。そんな突飛な内容ではないのだが、シンプルな活動目標として役立ちそうだと思った。


全体として、改めて営業としての更なる成長について考えさせられる本。

私もすでに体力で営業成績を伸ばす段階を過ぎたため、商品提案型営業やソリューション型営業から脱却して少しでも決済権のある方と深い関係作りを進めるビジネスパートナーになる方法を探していきたい。

前作もかなり参考になったが、こちらも前作の復習を含めて非常に参考になった。
スラッと読めるが、実践は勿論簡単ではない。復習も兼ねて繰り返し読んでいこうと思う。

一生稼ぎ続ける営業マンのたった1つの習慣
一生稼ぎ続ける営業マンのたった1つの習慣森 功有

中経出版 2011-09-07
売り上げランキング : 618171


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

俺が学んできた最強の営業本ランキング その1 20120429
私が読んだ営業で使えるテレアポ本をランキングしてみる 20120429




【Follow! me】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です