エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100 を読んだ

投稿者: | 2014年9月20日

社会人になって10数年。営業でお客さんの前で話す機会はかなり多く、それなりに営業成績も悪くなかったとは思うのだが、多数の前で話すしっかりとしたプレゼンテーションというのが、かなり苦手な私。

そんな自分を少しでも変えていきたくて、この本を手にとってみた。

エバンジェリスト養成講座 究極のプレゼンハック100

きっかけは、仕事で関係している会社のエバンジェリスト職についている人が、オススメ本として紹介していたこと。


筆者の西脇さんは、IT業界の有名人。私も、Microsoftのイベントでプレゼンを見せてもらう機会があったが、Office365の紹介にはじまり、XboxのKinectというサービス、果ては何かと話題の3Dプリンターとの連携まで、流れるようなデモに、「WAO!」という感じになったことがある。

その西脇さんが、エバンジェリストになりたい人のために行なった講座を元に作成したたのがこの本。

プレゼンとは何か、から始まり、どんな準備をするか、当日の注意点は何か等々、 参考になった。

プレゼンハック100からちょっと抜粋してみると・・・

016 プレゼンを見せる人数が多い場合は、スライドの文字は少なめで印象付けを心がける

023 しゃべりたいことは書かない

062 「理解した」「わかりやすかった」と暗示効果を与えるフレーズを使ってみる。

082 Q&Aは補足説明ではなく、相手に行動を起こしてもらうきっかけと捉える

これ以外に、パワーポイントを提供する会社に所属されていることもあり、パワーポイントの具体的な使い方などもさんこうになった。

手元に置いておいて見返したい一冊だ。まずは日々の商談から改善活動を続けてみたいと思う。


【関連記事】
俺が学んできた最強の”営業本”18冊 20120429
私が読んだ営業で使えるテレアポ本をランキングしてみる 20120429
プレゼンのコツって? 20061217


【Follow! me】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です