2013年の手帳は、高橋書店 商品No.106 ニューダイアリーアルファ11に決定

投稿者: | 2013年1月14日

今日はアプリから離れて毎年年末年始に書いている手帳の話題(それにしても毎年手帳のエントリーを書くのが遅くなって今年は年をまたいだけど、ネット化の影響ということで。)。

今年の手帳は、少し考えてこの高橋書店の商品No.106 ニューダイアリーアルファ11にしてみました。”手帳は高橋”で有名な高橋書店の手帳は初めてです。そういえば、高橋書店の手帳アプリ、提供辞めてしまったようですね。このブログでも取り上げていて、人気記事だったので、惜しいですが・・・)

20130114-090709.jpg
【過去関連エントリー】
来年の手帳は能率ダイアリー(B6 6251)に決定。 20121231
手帳交代:fILOFAXのシステム手帳からMARK’SのDaily Planner ”EDIT” 2011に 20101226

ちょっと前に書いたように(CalenMob 来年の手帳をGoogleカレンダーにしたいと思っている人におすすめのアプリ)、本職も含めて現在の仕事がだいぶオンライン化されてきていて、手帳に物を書きこむことに費やす時間も減ってきたため、今年は少し手帳サイズと重量のボリュームを落とすことにしました。

上のCalenmobというアプリのエントリーにも書いたように、iPhoneアプリなどにすべて移行しようかとも考えたのですが、やはり仕事で咄嗟の時にまだまだ手帳じゃないと間に合わないことがもありそう(特に客先など。)なので、導入することにしました(ただ、ToDo管理は、Googleタスクで、iPhoneアプリを有効利用してやろうかと思っております。)。

この手帳を選んだ理由ですが、

1つ目は非常にコンパクトで軽いことです。なんと、スーツの胸ポケットに入ってしまうレベルです。これは、買う時には想定していなかったので、思わず感動しました。

2つ目は、年間のスケジュール表と月次の一覧スケジュール表と、週間単位のスケジュール表がバランスよく配置され、メモできる量が自分にちょうどよかったということがあります。

20130114-093456.jpg
20130114-090720.jpg

↑この月間スケジュールのスペースぐらいが、日々の”予定”を書くのにちょうど良さそうだと思いました。

20130114-090734.jpg

↑こちらは、当日あったこと等をメモったり、日々の雑感を書いたりするのに良さそうです。

これ以外でも後ろの方のメモ欄に普段ネット等で触れたいい文章を書きとめたり、何かの雑誌の記事を切り抜いたり、自分なりに手間をかけずやってゆきたいと思います。

そういえば、まだ今年の目標みたいなものを書いてないぞー。ちょっと手帳のメモ欄の1ページ目に書いてみよう。。。




【関連エントリー】
手帳交代:今年の手帳は薄いのが嬉しい高橋書店リベルデュオ1に 20131123
能率手帳の流儀 自らの成長と人生の豊かさを求めて 野口晴己著を読む 20111103




【Follow! me】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です