WikiLinks 知のつながりを可視化してくれる良アプリ

投稿者: | 2012年11月9日

Twitterの情報を元に人から人へつながりをたどってゆくことができるDiscoverPeopleをはじめとして、こういう形式のアプリは結構好きだったりする。そういった好みを抜きにしても、このアプリ、なかなか良くできていて使っていて嬉しくなった(それにしてもこれ何と表現したらいいのかな?蜘蛛の巣型?)。

20121109-212826.jpg

Discoverシリーズ等と同様な表現形式



このWikiLinksWikiLinks - 高性能で素晴らしいウィキペディアリーダー - Boris Confortyは特定のワードで検索した際に、それに該当するWikipediaの該当記事を表示してくれ、同時に画面下に出てくるメニューのボタンを押すと、そのワードのアイコンとそれに関連するワードがまるで遊園地の観覧車のように現れてくるようになっている。

20121109-212834.jpg

先のワード毎のアイコンを押すと、上のようなWikipediaの詳細画面が現れる



そして、ワードからワードへ、つながりをたどってゆくことができる。それと同時に、つながりをたどってゆくだけじゃなく、それぞれのワードについて興味を持ったその場でワードについてすぐに関連するYouTube動画を見ることができるようにもなっている。

20121109-213157.jpg

右上にYouTubeのリンクが付いているのが分かる



20121109-213832.jpg

関連する動画をすぐ見ることができるのは便利



ワードからワードへ言葉をつたう中で、興味のあるワードに行き着いたらついたらすぐにWikipediaとYouTubeを行き来してそのワードについての知識を深めることができるのは、連携としてはなかなかいいと思う。

この他、画面右上に出てくるサイコロをふるとその画面の中からランダムにワードを選んで、そのワードに関連するワード群を一覧で表示してくれる、GoogleのI*m feeling luckyみたいな機能もある様子。

TwitterやFacebook等とのソーシャル連携ももちろん対応している。

広大に広がる知の海に乗り出して行くような感情さえ湧いてくる素晴らしいアプリ。是非どんどん使ってゆきたいと思う。



【更新情報】
2.1 20130828
・美しいメニュー画面に

Wikilinksデザイン変更

・記事内にあるすべてのビデオに、より速くアクセスできるように
※Appleのモバイルデバイスで、Wikipedia記事のビデオを試聴できる唯一のアプリ
等々

1.2 20121224
ウィキペディアとウィクショナリー記事のレイアウトを改善
20種類以上の表示言語をサポート(全32言語)
Facebookへの投稿機能を改善



【こちらの記事も是非読んで行ってください】
CrowdSpottr  Facebookでつながっている人が登録しているイベント情報を一覧表示する便利アプリ 20121012

【Follow me!】
goodiphoneapp・・・iphoneアプリの関連の更新情報をTweetしてます。是非フォローを!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です