時間をかけない情報整理術佐々木直彦著読む 感情フィルターを活用し、成果を出しながら情報を整理せよ!

投稿者: | 2011年2月20日

 

書店でちょっと見て、前から気になっていた本、時間をかけない情報整理術 佐々木直彦著読んでみた。

不況知らずのコンサルが実践している 時間をかけない! 情報整理術 (PHPビジネス新書)不況知らずのコンサルが実践している 時間をかけない! 情報整理術 (PHPビジネス新書) 佐々木 直彦 PHP研究所 2010-03-19
売り上げランキング : 12171Amazonで詳しく見る by G-Tools
【目次】

はじめに
第1章 情報整理は、成果を出すプロセスのなかでやれ

第2章 収集整理術 ――大量の情報をミニマムに集約する方法とは

第3章 思考整理術 ――いかにして「自分の解」を創りだすか

第4章 伝達整理術 ――人を動かすアウトプットの方法とは

プロのできるコンサルタントが、どう情報を整理し、アウトプットを生み出し、それを伝達しているのか感情フィルターと思考フィルターを駆使して本物の情報を作り出すことについての具体的な記述が参考になった。

前者の感情フィルターとは?ということだが、感じる情報が自分にしかできない仕事をし自分にしかできないアウトプット(成果)を出すことを可能にするという指摘はなるほどと感じいった。

以下、特にピンときた文章を書き出してみる。

多くのコンサルタント実践しているのは、成果を出しながら情報を整理するという方法です。これこそが時間をかけない情報整理の最大のコツです。そしてこの情報整理術には、時間をかけないことの他にもう一つ大きな利点があります。それは、大変効率良く、現状を変え、未来がひらける提案が可能であるという点です。 p5

感情フィルターが使われず、「フツウの情報」が普通に扱われている会社では、社内インフラにより「フツウの情報」が社員全員にくまなく共有されています。同じ情報をみんなが持ってわけです。ルールの共有や基本情報の共有は大変重要なことです。しかし、壁を突破する鍵になるアイデアを見出そうとするとき、みんなが持っている情報にたいした価値はありません。p35

感情フィルタと思考フィルターを通した「ホンモノの情報」を豊富に整理ストックできれば、自分にしかできない仕事ができるようになる。これが私の考えです P39

「整理する情報はミニマムに、触れる情報なマックスに」これが、情報整理の理想なのです P40

本には人生を変える力があります。たった1冊のなかに人の感情の最も深く動かす情報が入っているメディア。それが本だと私は思っています。p74

仮説は相手の感情フィルターをくすぐります。仮説が相手が日頃感じ考えてる事に近ければ、「そうそうそうなんだよ」という共感からブレーキが外れ、相手の話しがはじまりますp103

見返すことのメリットは、使われない情報を減らすだけではありません。その最大のメリットは考える回数を増やすことにあります。見返す回数が増えれば、それだけ考える回数が増えます。思考フィルターを何度も使って、考えて考えて考え抜くことが、できます。これが思考の整理に役立ちます。p120

大きく分けると、私の思考整理法は次の2つに集約できます。

①文章を書いてみる=言葉で考える

②◯と→で関係性を書いてみる=図で考える

他にも引用したい部分が沢山あった。著者が20年かけて創りあげた方法論から学ぶことは非常に大そう。

他の著書も読んでみたいな、、、と思った。もちろんこの本は何度も読み返して感じ・考える価値がありそうだ。
プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動プロデュース能力 ビジョンを形にする問題解決の思考と行動 佐々木 直彦 日本能率協会マネジメントセンター 2008-12-19
売り上げランキング : 14890Amazonで詳しく見る by G-Tools
コンサルティング能力 新装版 相手の問題解決と夢実現を助ける6つの力コンサルティング能力 新装版 相手の問題解決と夢実現を助ける6つの力 佐々木 直彦 日本能率協会マネジメントセンター 2008-12-19
売り上げランキング : 35277Amazonで詳しく見る by G-Tools
【関連記事】
俺が3年間の修行中に参考にしたコンサル本を紹介する 20130211
ビジネス誌●ナナメ読み Webに上がっているビジネス誌情報を一覧に表示 20110907
アナログ主義の情報術を読む デジタル情報に埋もれている人は是非手にとってみたい本 2010.9.21
情報の洪水に溺れない極意 情報は集めるな!指南役著 2010.4.4
編集長の情報術 生活情報センター を読む 2009.2.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です