君がオヤジになる前に 堀江貴文著を読む  思考をめぐらせることでオヤジ化を防げ!

投稿者: | 2011年1月15日

ホリエモンの本、君がオヤジになる前にを読んでみた。
ホリエモンの本は本当に久しぶり。やっぱりしばらく、手に取りにくかったのは事実なんだけど、
ここにきてそういう感覚も薄れてきたかな・・・

君がオヤジになる前に
君がオヤジになる前に堀江 貴文 福本 伸行

徳間書店 2010-10-29
売り上げランキング : 438

Amazonで詳しく見る by G-Tools
久しぶりに読んだ堀江節はやっぱりなかなか面白かった。
振り子が極端に振れている人だから、というのがあるのかもしれない。

全体としての論旨は明快で、オヤジ化しなために、思考停止するな、ということ。

よく一般的に言われる守りに入るな・・・みたいなこととも近いかもしれない。

ちょっと引用すると、

アイディアよりも圧倒的に大事なのは実行力だ。
思いつきより、考えたことを努力して、形にした人が本当に評価されるのだ。p79

いま君たちに最も必要なのは、資金でも人脈でもない。情報だ。情報を所持するということは、未来をみることだ。p83

この前後で情報を得ることの大切さが力説されていて、なんとなく、「ホリエモンもちゃんと情報集めしてるんだ…」となんとなくしみじみと感じてしまった。

じゃあ、どうやって仕事の幅を広げればいいのか。ひと言、仕事先に「お客さんを紹介してください」と言えばいい。P86

ホリエモンが言っているように、恥ずかしくてなかなか言えないのだが、是非機会を見てトライしてみたいと思う。

営業は、会社の中で最もクリエイティビティを発揮できる仕事だ。P89

同じことを楽天の三木谷さんも言っていたなあと思う。営業畑の人間としては、ちょっと誇らしい感じがする。一方でクリエイティブさをもっと出さなきゃ、

という思いもあるけれど。

僕とは対極のやり方で成長している会社には、不思議な包容力のある経営者がいる場合が多い p135

経営者として、また38歳の大人として、自分に足りないのは包容力ではないかと、うっすら気づき始めた。いつか必要な時が来るのだろうか?P149

この本では、「包容力」というのがキーワードになっていて、ホリエモンが今まで、必要ないと切り捨ててきたと思われる。「包容力」という

ものの価値を認めるような記述があった。結構揺れているんだな・・・と思った。

人は僕のことをポジティブ思考だと考えているようだが、実は正反対だ。僕ほどネガティブな男は、そうはいないだろう。P170

この記述も自分ではそう評価してるんだ・・・と結構意外だった。

全般的に人生相談になってはいるが、ホリエモン自身の生き方や、苦悩みたいなものまでも伝わってくる内容で、

どこまで本当なのかは怪しいところではあるけど、勉強になった。面白い本で有るのは確かである。

【関連リンク】

堀江社長のブログ復活?? 20080818

稼ぐが勝ち ゼロから100億、ボクのやり方 堀江 貴文20041130

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です