トヨタの社長にホンダを売る方法 牛澤毅一郎著を読む

投稿者: | 2010年11月28日

YouTubeをいろいろ見ていたら、たまたま著者の講演の動画があり、営業のプロということだったので、検索して本書(トヨタの社長にホンダを売る方法 牛澤毅一郎著)に行き当たった。

新装版 世界3位の営業マンが書いたトヨタの社長にホンダを売る方法新装版 世界3位の営業マンが書いたトヨタの社長にホンダを売る方法 牛澤毅一郎 アスコム 2009-02-09
売り上げランキング : 262299Amazonで詳しく見る by G-Tools
筆者は外資系保険会社で世界第三位にになったという営業のプロフェッシェナルだ。全般的に営業の通説にとらわれず、体験からくる言葉はなかなか真実味があった。

例えば、
こんなところだ。

・営業にとっても最も重要なのはキーパーソンと会うこと

・営業とは、営業マンが情報提供係としてお客の欲する情報を提供し、人間関係を深めてゆくこと

・資料は手を混んだものを作る必要はない(綺麗な資料を作りすぎる必要はない。)

→頭で考えた”万全の準備”をするより、”営業すること”を優先する

・「買ってください」とお願いしなくても自然と売れるようになる

・営業のプロになるのではなく、顧客心理の把握のプロになれ

普段の営業活動から、なるほど!と思わされた箇所が沢山あった。

あとは、筆者は本当に営業に誇りを持ってるな、というのも伝わってきた。

読んでみて、まだまだ精進が足りないと思った次第。頑張ろう。

(追記)お客さんとの関係づくりの大切さ、という観点では、ちょっと前に読んだ本、

かばんはハンカチの上に置きなさい―トップ営業がやっている小さなルール 川田修とも

共通すると思った。こちらも生命保険の営業の方。

【目次(Amazon.co.jpより)】

お客はなぜ、あなたから買いたくないのか?
●「日本の営業」では売れない本当の理由!
●お客が重視するのは商品や価格ではない!
●この「会う前の準備」が成約の確率を高める!
●最初の「0.2秒」「20秒」「4分」の持つ意味!
●なぜ、顧客から「買いたい」と言われるのか!

【関連おすすめ記事】

俺が学んできた最強の営業本ランキング その1


【Follow! me】

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です