Video: Matt Cutts Apologizes on Behalf of Google

投稿者: | 2009年2月18日

Video: Matt Cutts Apologizes on Behalf of Google



『To correct the issue, Google is asking the bloggers to remove their paid posts. Matt also says Google realizes its need to continue to communicate and explain its position on paid links.』



SEM-R でこの記事をしりました。



この問題、まだまだおさまらないようですね。



一連の動きをフォローしてみて、検索エンジンの透明性・公共性みたいなものを再度考えさせられました。



個人的には、Pay Per Click自体については、PRの一環として、そういう方法を取るのも取らないのも、事業者の自由だとは思っております(まあ、これは私自身がよくPPPのサービスをブロガーとして利用させてもらっているというのもあるのですが。)、、、元々PR活動ってそんなにきれいなものではないと思いますし。





それにしてもWOM研だとか、Googleや某社の炎上対応などが色々絡んで、

本当に炎上してしまいましたね、、、



pan class=”Apple-style-span” style=”WORD-SPACING: 0px; FONT: 13px ‘MS Pゴシック’; TEXT-TRANSFORM: none; COLOR: rgb(0,0,0); TEXT-INDENT: 0px; LETTER-SPACING: normal; BORDER-COLLAPSE: separate; orphans: 2; widows: 2; -webkit-border-horizontal-spacing: 0px; -webkit-border-vertical-spacing: 0px; -webkit-text-decorations-in-effect: none; -webkit-text-size-adjust: auto; -webkit-text-stroke-width: 0″>お世話になっているので、悪口は言うつもりはないのですが、WOM活用のプロが、炎上への防御に四苦八苦されているのが伝わってきます。逆に、この機に気勢を上げている人がいたりいなかったり、、、





変にあおってはいけませんが、やはり今後の動きに注目です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です