ここ最近の注目ネットマーケティング関連記事 2/11

投稿者: | 2009年2月11日

ここ最近の厳選ネットマーケティング記事をお送りします。

以外といい線で集められているのでは?とちょっと甘いですが、、、

「第2日本テレビ」が単月黒字化、地上波との広告連動で – 毎日jp(毎日新聞)

『2つめは、地上波とネットの両方で配信するという広告手法の採用だ。「地上波テレビ局ならではの広告商品であり、スポンサーからも大好評を得ている」(日本テレビ)という。 』会社の上司とも同じような話をしたんだけど、視聴者の視聴タイミングによってテレビとネットを使い分ければいいんだろうな。ネットじゃなくてテレビでゆっくり見たいという動画も結構ある。




滞在時間は月1時間21分、ネット上の井戸端会議「発言小町」の舞台裏 – 毎日jp(毎日新聞)

『神崎氏によると、発言小町の1日あたりの投稿数は2500件から3000件。当然ながら、この膨大な投稿の中には、掲載がふさわしくない内容のものも含まれる。運営母体が新聞社ということもあって、内容のチェックには余念がない。』このサービスも評判いいですね。ちゃんと黙視してチェックしてるとは。。。




世界50カ国からユーザーが集うオシャレコミュニティー、「プーペガール」のビジネス戦略 – 毎日jp(毎日新聞)

『森永氏によると、プーペガールの利用者のうち、22%が海外ユーザーで、登録者は50カ国以上にわたるという。「ファッションへの興味は言語を超えると実感した。世界を代表するファッションコミュニティーも夢ではない」と、自信を見せる。』プーペガールって本当に評判が高いですねー。海外からのアクセスが多いというのは面白いですね。日本発で海外で通用するウェブサービスって思い浮かばないですからね。




バイイングサイドサーバーと呼ぼう。 – 業界人間ベム

『単に、CPCやクリックベースのCPA把握だけでは、クオリティの高い顧客獲得の測定管理はできない。広告クリエイティブの最適化や、同一ブラウザの顧客化に対するROIオプティマイズには、最終的な流入直前のクリックだけの観測では全く不十分である。』 以前、私のブログからトラックバックを入れたら、誤りを訂正されてしまいました。http://ameblo.jp/webman/entry-10151225028.html




NTTとマイクロソフトが広告事業で提携 – MSN産経ニュース

結局今まであったISPの連携にマイクロソフトが加わったに過ぎないような気が、、、NTTとマイクロソフトの提携というのは少し実態に合ってないんじゃないかな?




MySpaceの音楽ビデオのオーバーレイ広告の実験は大成功

『このオーバーレイ広告がうまく行った理由の一つは、あまり広告らしく見えないことにあると思う。実際、曲を所収しているアルバム名、リリース年、アーティストのプロフィールへのリンクなどの有益な情報が掲載されているのだ。』大成功なんだ・・・YouTube(Google)もやっているみたいだけど、徐々に収益源になっていくのかな?注目してみたい。




ミクシィ、リターゲティング広告のテスト販売を開始:ITpro

『また、ミクシィはリターゲティング広告と同時に、「インタレストターゲティング広告」のテスト販売・配信を始めたことを発表した。ユーザーが参加するコミュニティに基づいて広告を配信をする。「『旅行』好きだけでなく、『沖縄』『温泉』『アジア』が好きかでも判断できる」(ミクシィ代表取締役社長の笠原健治氏)としており、細かな配信設定が可能なもよう。』SNSこそターゲティング広告が重要になるでしょうね。CGMコンテンツのマネタイズという意味で。

Online Ad: Starbucks Pledge 5 hours

『社会貢献は、フィランソロフィー、メセナ、慈善などの側面もあるし、CSRの中にも含まれてくる。従来は、企業単独で「わが社はこんなに地域社会や環境に貢献しています」といったPRが主流だったけれど、様々な非営利団体と提携したケースが多くなってきている。その中でも、一般消費者・顧客の参加を呼びかけるStarbucksの動きはWeb 2.0的だ。』今日読んだ、なぜみんなスターバックスに行きたがるのか?にも同様な言及があった。




グーグル「ストリートビュー」に全国から規制を求める声 プライバシー懸念拡大 (2/2ページ) – MSN産経ニュース

『今月3日の東京都情報公開・個人情報保護審議会でグ社は、新しい地域でサービスを開始する場合、該当する都道府県への事前通知を検討すると表明した。』確信犯的に既成事実を作ってから、社会的な配慮を加える、このやり方はYouTubeと同じだな。




ネット暴力:匿名背景に集団化 ブログへの悪質書き込み摘発、無責任な書き込みに警鐘 – 毎日jp(毎日新聞)

『 ただ、現実社会で口コミで人を中傷するのと、ネットの書き込みでするのとでは、ネットの方が強い責任を要求されると思った方が賢明だ。口コミは瞬間的に消えるが、書き込みは残る。誰が見て何を感じるか分からないし、プロバイダーを通して発話者の特定も可能だ。』ログは残る。あんまりとっぴなことをしてはいけないという戒めに。

YouTube Blog – 日本

これ存在を始めて知りました。



powered by Buzzurl


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です