ここ最近の厳選ネットマーケティング関連記事

投稿者: | 2009年1月28日

今日はこの頃ため込んだ、面白いブックマークをお届けします。



それにしてもネットってなんでこんな面白いんだろう。

いくら時間があっても足りません。。。







オバマ氏は大統領選で1800本の動画をYouTubeに投稿 グーグル、YouTubeのブランディング活用に意欲:日経ビジネスオンライン

『オバマ氏は品質より頻繁に支持者へメッセージを送ることを重視し、キャンペーン期間中に約1800本の動画を投稿。合計で1億回以上再生されたという。YouTubeとテレビCMと連携させることでテレビ視聴者数の増加も実現したという。』 ほんと、すごい時代に入りましたね。アメリカはほんと進んでます。   



【山本直人氏 インタビュー①:マス広告が不調な理由】|CAネットトレンド研究室ブログ

『でも、90年代にメディアの変化の前に起こったのは流通の変化なんです。流通の規制緩和があって組織小売が出てきた事です。巨大なスーパーのチェーンを組織小売というのですが、彼らが商品を大量に安く売っている。これはメーカーが安く売れるような取引条件をのんでいるからなのです。その値引きするお金がどこから出てきているかというと、出元としては広告と同じなんですよ。営業利益を重視して考えれば、広告費を使って売っても値引きをして売っても経費を使うという意味では同じなんですから、より効率的で営業利益率を高められる方法を選択しますよね?』



『もうひとつは普及率の問題もあると思います。



マス広告は「それが生活に必要なんですよ」というメッセージを

広く伝えるのに便利だったという仮説です。』



マス広告が不調な理由 → 流通の発達による販促シフトと普及率。


POLAR BEAR BLOG: 「ネットが放送を食う?まったくのナンセンスだ」

『残念ながら、日本テレビ放送網のトップに立つ人物であっても、認識はこの程度。これが彼一人の認識であれば良いのですが、テレビ・新聞業界の中の人に伺うと、ある一定の年齢以上の人々は「ネットは構造変化だ」という危機感を抱いていないようです(あくまでも僕が話を聞いた限りですが)。』既得権を持ったまま逃げ切りたいという心情になるのはちょっと分かる気がする。特にこういう厳しい時代になると。


Online Ad: Pope in a Box

『ローマ法王Benedict XVIは、「FacebookやMySpaceなどのソーシャルネットワークは、我々すべてがつながり合わなければならないという基本的な願いに訴えかける”贈り物”だ」とするステートメントを発表した。』うーんやっぱり凄い時代になったもんだ。ローマ法王がFacebookやMySpaceって言葉を発したのかな?やっぱ意訳かな?



勝者ホリエモンが語る 堀江貴文×高野孟 対談 » 【SEO初心者のEvoブログ】

政治・メディア・若者、それぞれについての語りはなかなか面白い。やっぱ頭いいね。視野もめちゃめちゃ広いし。もしもは禁物だけど、彼が悪いことに手をそめていないで、そのままやってたら、今頃どうなってたかな?



アニメ産業とビジネスの情報

『 角川グループ自身がアップロードしたコンテンツと公認コンテンツの再生回数は、2008年6月に公認バッジの付与開始から急増している。2008年9月から11月の間の3ヶ月間の合計再生回数は5000万回を超えている。 しかし、収入が増えたのは動画内に広告を埋め込んだ2008年10月のinVideoAd導入後である。inVideoAdの採用が短期間での収入急増につながり、一気に大台を超えたことになる。』inVideoAdってどういうやつなんだっけ?

広告費だけではないブランディング効果・販促効果がありそう。


2008年12月の新聞広告出稿量、前年同月比8.2%減、雑誌広告出稿量、前年同月比14.3%減 TRIBAL MARKETING LAB.

『エム・アール・エス広告調査株式会社によると、2008年12月の新聞広告の出稿量は前年同月比8.2%減で、10月の6.2%減、11月の7.6%減よりさらに悪化し、過去一年の最低を記録したとのこと。一方で、雑誌広告の出稿量は前年同月比14.3%減となっており、こちらも10月13.4%減、11月14.1%減からさらに悪化し過去一年で最低を記録。』 広告主の一覧も載っているけど、新聞はナショナルブランドが少ないような印象をうけるな。。。



SEMアドバイザーのSEO対策ブログ: ヤフーログールを最も活用しているブログ

『今回、ヤフーログールを使っている方であれば、誰でも気づいているであろう「浅羽由紀さん」をやりすぎ(足跡をどこにでもつけていますからね)とは感じつつも、頑張っているので、曲を聴いてみることにしました。足跡を残す努力に負けたと言っても良いでしょう。』

そうなんだ。確かにこの人私のブログにもよく来てくれてるんだけど、そういうことだったんだな。



powered by Buzzurl





今読んでいるのがこの本。

グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略



グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略
グランズウェル ソーシャルテクノロジーによる企業戦略
伊東 奈美子



翔泳社 2008-11-18

売り上げランキング : 1286



おすすめ平均 star
star新たなき気づきが見つかる

starソーシャルテクノロジーを理解する一冊



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

グランズウェルとは大きなうねりのこと。この本はブログ、SNSをはじめとした

各種のソーシャルテクノロジーの発達によって引き起こされている、主体性を

持った消費者が引き起こす大きな流れについて語られています。現在興味深々読んでおります。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です