マンダラ思考で夢は必ずかなう! クローバー経営研究所 松村寧雄著を読む

投稿者: | 2008年9月27日

明日から急に涼しくなるそうで、、、季節の変わり目なんでしょうね。

過ぎゆく夏にちょっと感傷的になったりして。まったく柄でもない感じなのですが、、、



そうそう来週の中盤にはもう10月ですもんね、今年も残り3か月なんですよね。。




さて、今年の私のテーマの一つである、手帳術研究の一環で、

9マスで有名なマンダラ手帳について書いた本、



マンダラ思考で夢は必ずかなう! クローバー経営研究所 松村寧雄著 を読んでおります。



マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術
マンダラ思考で夢は必ずかなう! 「9マス発想」で計画するマンダラ手帳術
松村 寧雄



おすすめ平均
stars欧米型と日本人方の差異は参考になります

stars単純な文章で大きなヒントを提供しています。

starsビジネス手帳を初めて買うきっかけになった!

starsマンダラシンキングの元祖はこちら

stars色々な手帳を使ってもピンと来ない方にはコレです!



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


手に取ったきっかけは、いつも拝読しているがんばれ!社長
というメルマガでよく取り上げられて

いて(これもある意味パブリシィという感じはあったのですが。)、前から気になっていたためです。







このマンダラ手帳術は、



人生に関わる要素すべてに目標を立て、すこしずつでもいいからその目標を実践していく、

ということで、



人生に欠かせない要素のそれぞれのバランスに考慮したものであり、



仏教で使われるマンダラのような「中心核を持つ3×3の9マス」からなるマトリックスを

使うのが大きな特色です。





9マスの中心に自分を置いて、その周りにある8マスに人生に関わる要素をおき、

それぞれの目標を立てるというものです。



(以上、本書プロローグより抜粋。一部改変)





まだ途中なのですが、今のところの私の理解では、



よくある、「一つの目標をたてて、それを達成してみたものの、なんだか物足りない、

幸福感が得られない」といった状況に陥らないように、



(マンダラ思考で)人生全体をしっかり考えて、その最終的な幸福に

少しでも近づくようにビジネス・プライベートなど、それぞれの要素をバランスを考えながら目標を立て、

それをクリアしていく、ということを重視した手帳術だ、と言えそうです。





また、よく言われるように、フランクリンプランナーなどの欧米型の手帳は、狩猟民族である欧米人

向けに作られており、農耕民族である日本人が使うのには、民族性としてあまり適していない、

といったこともあり日本人に向いた目標管理ができる、ということもあるらしいです。

【システム手帳】デイリー・スターター・キット(ポケットサイズ)


¥10,290
フランクリン・プランナー


まだ途中ではあるのですが、

人生をより豊かにするためにいかに全体最適化するかを考えながら、

マンダラ思考で9マスを使って目標を作成し、行動に移すか、そんなことが分かりやすく書かれているので、

なかなか参考になりそうです。





自分の現在の手帳術の改良に取り入れることができることがないか、もう少し読み進めてみます。



2008マンダラビジネス手帳(A5版デスク)


¥5,250
Amazon.co.jp


マンダラチャート帳フリー型


¥3,150
Amazon.co.jp


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

e-手帳.com 手帳と手帳本の専門サイト





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です