Online Ad: Display Ad Contextual Relevancyを読んで

投稿者: | 2008年9月25日

Online Ad: Display Ad Contextual Relevancy
このエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl

この頃読んだディスプレイ広告の話の中では、最も興味深い話題。



ディスプレイ広告が、場面場面で文脈に応じて出てくるかどうかで(Contextual Relevancy)、

広告想起がどのように変わるか?というお話(特にB2Bでの話だそうだが。)。



特に参考になったのは2点。



・文脈に関係のない広告を露出された場合、関連のある広告より16%も広告想起が高いという結果



理解に時間がかかり、結果的に広告に触れている時間が長いため、というのが理由らしいが、

単純に広告想起(特に初期認知) だけをねらうのであれば、かえってターゲティングされていないほうが良い、とも言えそう。検証が必要だろうけど、視点としては面白いと思う。





・広告メッセージの段になると、文脈に関連した広告の助成想起は関連しない広告よりも52%も高い



逆に深い広告メッセージまで想起させるには、ターゲティングして広告を出した方が良い、ということらしい。これは至極ごもっともだけど。



もちろんクライアントの大小や広告費でも変わってくるという留保がつくが、

ディスプレイ広告をどのように出すか考える際に、2つを使い分けて考えると、

非常に説得力が増すのではないか、というのが印象だ。

posted by Buzzurl[バザール]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です