プロフェッショナル原論 波頭 亮を読む コンサルタントは営業をしてはならない!

投稿者: | 2008年9月2日


休暇中、昔何かの雑誌でコラムを読んでから名前を存じていた、コンサルタントの波頭 亮さんが書いたプロフェッショナル原論という本を読んでみました。

プロフェッショナル原論 (ちくま新書)
プロフェッショナル原論 (ちくま新書)波頭 亮おすすめ平均 stars業務に対するモチベーションとは何なのか
starsプロとは?
stars残念ながら、期待はずれ
stars理念として
starsどの業界も・・・Amazonで詳しく見るby G-Tools
筆者はマッキンゼーを経て、コンサルティング会社を運営されている方。

 

目次(Amazon.co.jpより)

第1章 プロフェッショナルとは(プロフェッショナルとはプロとプロフェッショナル)

第2章 プロフェッショナルの掟(クライアントインタレストファースト(顧客利益第一):全てはクライアントのために
アウトプットオリエンティド(成果指向):結果が全て ほか)

 

第3章 プロフェッショナルのルールと組織(固有のルールギルドとファーム)

第4章 プロフェッショナルの日常(仕事ぶり行動特性 ほか)

第5章 プロフェッショナル達へ(誘惑と不調和プロフェッショナル達へ)

経営コンサルタントによるプロフェッショナル論であり、特にプロフェッショナルとしての経営コンサルタントの問題意識や動態がよく分かるという点で参考になった。

 

ブログ名称にもあるように、私もコンサルタントのはしくれとして活動しているので、日々の仕事のブラッシュアップに役立てることができればと思っている。

 

個人的に参考になったり、気になったりした部分を抜粋すると、

 

・人生の中の最大の関与事である仕事において、自己決定権を持っているのが

プロフェッショナルの最大の魅力であろう p007

・プロフェッショナルの実質とは、知識や技術の面での職能の高さだけではなく、

プロフェッショナルとして身につけていなければならない特有の行動規範や倫理意識

でもある P011

 

・依頼人という呼称がプロフェッショナルの仕事の特殊性を象徴しているように

、プロフェッショナルの仕事はクライアントからの依頼があってはじめて発生するものである。

つまり、自ら売り込んだり営業活動を行ってはならない。広告宣伝も禁止である。

p079

・プロフェッショナルは厳しい掟によって物事を徹底的にやり抜く態度や、世の中で一番という

目標設定をするチャレンジ精神、また何事も自分で決めて自分でやってしまうという自己完結型の

行動スタイル、そして何事に対しても論理的なものの見方や考え方をする姿勢を身につけている

p119

以上の中でも営業をしない、という指摘はコンサルタントのはしくれとして活動している私としては

参考になった。業務上、全く営業をしない、というのは難しいとは思うが、如何に売り込まないで、

クライアントから依頼されるような状況を作り出すか、そういった視点を持って活動してゆきたいと思った次第。

 

あと、同書が耐震偽装問題やライブドア事件の際に書かれたということもあるのだろうが、コンサルタントに必要な資質として倫理観を繰り返しあげていることも、印象に残った。

 

全体として経営コンサルタントの実態(マインドなども含めて)がよく分かり、それだけで読む価値があったと思う。

こういった経営コンサルタントに負けないぐらいのバリューをお客さんに提供できるように、日々精進していきたい。

【おすすめ関連エントリー】
俺が3年間の修行中に参考にしたコンサル本を紹介する



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です