検索連動型広告本を読み漁る

投稿者: | 2008年8月22日

どうせやるなら、一気にやってしまえ!ということで、

今日は検索連動型広告の本を3冊一気に読んでみました。

(といってもそのうち2冊は昔読んだものなんだけど。)




私はどちらかというとディスプレイADよりなので、

クライアントには「検索連動型広告はおさえですので必ずやりましょう」なんて無責任なことを言ってい
のだけれど、さすがになかなかということで、復習がてら読んでみました。



実際個人的にテストマーケみたいなものも再度やってみようかと思っているのですが、

これこそ、ABテストなどを多用しての論理的な積み重ねが必要だと思うので粘り強くやりたいと思った次第。



それにしても、グーグルアドワーズはリンク先のランディングページの内容を

読み取って適切なワードの候補を出してくれるようになっていて、かなり手間が省けるようになったな、、、(オーバーチュアも同様な機能があるのだろうか、、、無知がばれるので、このあたりにしておこう。。)



免許皆伝 Google アドワーズ道場
免許皆伝 Google アドワーズ道場
小山 陽子



おすすめ平均
starsとても読みやすい

starsアドワーズ広告の基礎知識

stars参考になるでしょう

stars浦島太郎状態の私・・・

starsアドワーズを始めたい方に



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この本はかなり古いけど、中小の会社(ウェブショップ等)の人が如何に知恵を使ってアドワーズを

活用しているかが分かり、今読んでも参考になりますねー。




検索連動型広告を成功に導くSEM戦略 費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
検索連動型広告を成功に導くSEM戦略  費用対効果を最大化する魔法のキーワードの見つけ方
紺野 俊介



おすすめ平均
starsリスティング広告の優れた参考書

starsCPCの概論を効果的に学べる。

starsPPC広告やってる人なら、オススメの本



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


著者は過去お会いしたことがあるのだが、分かりやすい記述はさすが。

新しいバージョンの本が出ているので、今買うなら、そちらか。私も機会が

あれば手に取ってみたいと思います。基本的なところがしっかりと書かれている良書ですね。



SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
SEM:検索連動型キーワード広告 Googleアドワーズ&Overtureスポンサードサーチ対応 Web担当者が身につけておくべき新・100の法則。
大内 範行



おすすめ平均
starsかなりいいです。

stars現代のネットマーケティングの教科書

starsすぐに実践したい内容が満載

stars出稿担当者を助ける1冊

starsPPCと呼ぶか、SEMと呼ぶか。



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


有名なネットマーケター大内氏と比較サイトを運営するベンチャー・リパブリックのSEM現場担当の方が

書かれた本。詳細まで書いてあって、手元に置いて常に読み返したい内容。星も多いですね。





最後の”100の法則”では、コンテンツマッチ広告をブランディング用として割り切って使うのもあり、といったことも

書いてあり、新しい視点として参考になりました(P200あたり)。



一方アイレップ紺野さんの本には、検索連動型が広告を長期的な視点で、ブランディング広告として使う、といったことに対する示唆があったりしました(P207)。



コンテンツマッチ・検索連動型広告ともに結構奥が深いなー。また、数学と同じように繰り返し勉強しないと

身につかなそうなことも多いというのが実感。何度も読んで実践していかなきゃですね。



そうそう、検索ワードの見つけ方という意味では、以下の書物も必須ですね、、、

1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方—儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法
1億稼ぐ「検索キーワード」の見つけ方—儲けのネタが今すぐ見つかるネットマーケティング手法
滝井 秀典



おすすめ平均
starsマトモな神経なら最後まで読むのが苦痛だと思います。

starsキーワードに対する考え方

starsいっぱいいっぱいかも

stars顧客リストの重要性を説いた本

stars商人の心構え



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です