男のための自分探し 伊藤健太郎 一万年堂出版を読む その1 生物学的・哲学的男の考察

投稿者: | 2008年8月13日

本が好き!でいただいた本、男のための自分探し 伊藤健太郎 一万年堂出版

さっそく読ませてもらってます。


タイトルもそうだし、ブックカバーも結構そそる本。



趣味の本とかかな?とも思っていたのですが、

内容は、(今のところ、)生物学的・哲学的な見地から男というものの性格を探る、といった感じ。

それもそのはず、著者は哲学者だとのこと。



今読んだ前半は特に(哲学的なものもあるが)生物学的な見地からの記述が多くて、男の性(さが)みたいなものが読んで取れました。



私のようなへたれにびんびん響いてくる刺激的な本。かなり興味深く読めております。



例えば、こんな文章が出てきます。



・夫婦が4年間、子育てに幸せを感じ愛を注がなければ、子供は生きられません。

私がこの世にいるということ自体が、両親の愛と幸福が少なくとも4年間は続いた明証なのです。 P22


・恋人がいないのは自分に魅力がないからと思っている男性は、500パーセント間違っています。

自分ではなく、精子が卵子より価値がないから、あぶれる男が出てくるのです。 P48

・「私」ではなく「私の体」に動かされている自分に気づくでしょう。自分らしく生きるには、

まず肉体のわなから逃れなければなりません。 P53

・これは動物界に共通の現象で、一般に魅力的な雄ほど、子供の世話をしません。モテる

雄は、まるで自分がいかにモテるかを確かめるかのように、浮気ばかりしています。 P70



結婚、幸福、愛、と男、といったことがかなり興味深く書かれていて、男というものが

否応なく持ち合わせているだろう性格・性質などについて考える機会を与えてくれる、という意味でとても興味深いです。というか、単純に読み物としても面白いです。



【主な内容】(一万年堂出版ホームページ
より)

  • 男は単純なので、お金、車、恋人と、欲しいものを手に入れようと奮闘する──これぞ遺伝子の思うつぼ
  • 「彼女が欲しい!」この悩みに感謝しよう。これぞ、男の全活動のエネルギー源!
  • 男は結婚すると、明らかに成果も才能も減ってしまう。ライバルに完全勝利したければ独身を貫くのが最善!?
  • 男の脳が「美人」だと感じる女性には、いつの時代でも、どこの国でも、変わらない共通点がある
  • 周りの人に合わせることで安心を得ようとしていないだろうか。それは、本当の自分を見失っている姿!
  • 私も知らない本当の私 「無意識」という部屋の中で、他人に言えない恐ろしいことを考えている
  • 「気持ちいい体験」は繰り返したい、と思うように、人間はプログラムされている
  • つまらぬ感情に流され、人生をムダにしたくなければ、1週間後に死ぬ覚悟で生きよ
  • 自分の進む道は、自分で選ばなければなりません。自己責任の孤独な旅が人生です
  • 昨日の私と、今日の私は「同じ」でしょうか?
  • 「モーニング娘。」を哲学して、私のナゾに迫りましょう!
  • 「死んだあとは、あるのか、ないのか。これこそ、私の全生涯を左右する大問題だ」――パスカルの言明
  • ニセの安心でなく、「人間に生まれてよかった」と、心から満足できる幸せこそ、私たちの魂が求めている、人生究極の目的なのです


続く後半部分にも期待したいと思います(後半の書評:男のための自分探し 伊藤健太郎 一万年堂出版を読む その2 自分探しを哲学する
)。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

男のための自分探し 伊藤健太郎 一万年堂出版を読む その1 生物学的・哲学的男の考察」への1件のフィードバック

  1. jibun354

    1 ■webman様
    こんにちは!
    jibun354と申します。

    私も『男のための自分探し』読みました!
    途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
    他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

    http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20080827/1219821386

    にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。

    ではでは、よろしくです♪
    (^_^)
    http://d.hatena.ne.jp/jibun354/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です