最強の読書術 どう探し、読んで、活かすか! 週刊東洋経済6/21特大号を読む

投稿者: | 2008年6月19日

新聞広告で気になっていて、ある経営者の方のブログでも

必読!と語られていたために、



最強の読書術 どう探し、読んで、活かすか!

週刊東洋経済6/21特大号



を読んでみました。



引用(東洋経済webより)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



最強の「読書術」

どう探し 読んで 活かすか



1カ月200冊をこなす速読・多読から、

人間力を鍛える熟読・精読まで、達人たちの秘技を一挙公開!

  • 図解 | 『本を読む本』が伝授! 「読書には4つのレベルがある」
  • 達人の技 01
    • 読書を最高の投資に変える

      「レバレッジ」読書術


      本田直之/レバレッジコンサルティング代表『レバレッジ・リーディング』著者
  • 達人の技 02
    • 読んだことは自分で試す!

      メモ不要の「超実践」読書


      勝間和代/経済評論家(公認会計士)
  • 米国の最新読書事情
  • 達人の技 03
    • 知の体系を身に付ける

      「3度読み」のテクニック


      佐藤 優/起訴休職外務事務官
  • 達人の技 04
    • 財界首脳のブレーンが直伝!

      「最強」アナログ読書術


      三輪裕範/伊藤忠商事 調査情報部長
  • 子どもの本好きは親の本好きから?
  • 達人の技 05
    • 情報処理では身に付かない!

      「人間力」を鍛える読書術


      齋藤 孝/明治大学 文学部教授
  • 達人の技 06
    • 日本語だけでは周回遅れ

      英語原著の「簡単」読書術


      池田信夫/上武大学大学院 経営管理研究科教授
  • 読書術 4つのケーススタディ
  • 私の読書術(1) 
    • 北尾吉孝/SBIホールディングスCEO
  • 自己啓発本でブレーク

    速読術の最新トレンド
  • 私の読書術(2)
    • 土井英司/出版コンサルタント、ビジネス書書評家
  • ビジネス書に絶大な影響!

    新聞を超えた書評ブログ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

多読・速読のススメもあれば、熟読のススメもあり、

メモの効用を唱える人も入れば、勝間さんのようにメモを取らず、

すぐに体験に移すことで、体に覚えさせる、というような方もいらっしゃったり、、

人の選定と、複数の視点の提供という意味で、

上手く出来ているな~と思いました。

”流行りもの”と避けていたレバレッジ・リーディングの

著者の方(本田直之さん)なども書かれていらっしゃいまして、

読んでみましたが、「あ、わりとオーソドックス。」という感じで、

新しい発見でした。

さて、

おそらく、読書術はその人の現在置かれた環境や将来ビジョンなどに

応じてそれぞれ異なったものである必要があるのだと思います。

(今回登場されたそれぞれの方の読書法が様々であることも

その例証だと思います。)





私の場合は、



・30代突入

・役なし営業系ビジネスマン(とほほ・・・)

・仕事や子育てなどで時間なし・・・

・もう少し仕事の報酬とかも欲しい





などの状況の中で、いかに仕事などに活かす読書を

するか、という問題意識をしっかり持って、



本を選び、アウトプットする、

ということなのだと思います。





自分の読書方法を考える上では、

かなり参考になるものでした。おすすめです。





本を読む本 (講談社学術文庫)
本を読む本 (講談社学術文庫)
Mortimer J. Adler Charles Van Doren 外山 滋比古



講談社 1997-10

売り上げランキング : 77



おすすめ平均 star
star難解だが、手順どおり読んでみたくなる本

starレビューデビューさせてくれた本

star読み手の意識を考えさせられる。



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回の特集の中でも取り上げられていました。

私も再度熟読しなくては・・・


<関連エントリー>

打たれ強くなるための読書術 東郷雄二をよむ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です