第1回大手町ビジネススクール(OBII主催)に参加

投稿者: | 2008年6月16日

ちょっと時間がたってしまいましたが、先日、いつもお世話になっている

大手町ビジネスイノベーションインスティテュート(OBII)
が主催する、

大手町ビジネススクールに参加してきました。





場所は、いつもどおりの大手町にある

とある大企業の会議室。





大手町ビジネススクールとは、ポータルサイトgooニュースの

ボクナリ(β)「栗栖准教授のMBA進化論」
と連動した試みだとのことで、

今回もこの栗栖准教授のMBA進化論の内容を題材に議論が

行われました。










まず、最初にOBIIの事務局の方から、OBIIと

今回のビジネススクールについての概要説明がありました。





次に、準備事項として今回必要となるビジネスやMBAなどについての

基礎講義がありました。





戦略とは何か?だとか、思考のフレームワーク(プロダクト・ポートフォリオ・

マネジメント、SWOT)の話など、なかなか普段触れる機会がないので、

いい勉強になりました。





その後、グループに分かれて、今回の題材である、

栗栖准教授のMBA進化論を読んで、

疑問に思ったことを出し合う、という作業を行い、



最後に各グループでもっとも重要だと思われる質問を1分間で

発表する、という風に進んでいきました。





私が参加させてもらったグループは、現役のコンサルタントの

方や、過去コンサル会社に発注ししたことのある企業に勤められている方、

などがいらっしゃり、



「コンサルの効果とは?」とか「何故コンサル会社を使うのか?」など、

結構白熱したディスカッションがなされていました。



その後のグループ毎の発表もユーモアを交えて、今回のケースの

本質を突く、面白い内容でした。





出席させてもらった感想ですが、



全体を通じて、ビジネススクールで学ぶ事項の基礎事項が

学べたことで今後の学習の動機づけになりそうで、良かったです。



また、グループディスカッション等を通じて、

コンサルティング会社を使う意味について、

という興味深い問いかけに対する答えをいろいろ聞くことが

できたことなどが、収穫でした。





今後続くようであれば、是非継続して参加させてもらい、

MBAの疑似体験をさせてもらえればと思っています。







蛇足ですが、、、



大学時代、国際政治学を勉強していたのですが

覇権安定論、だとか相互依存論だとか、そういった思考の枠組み

について学ぶ機会がありました。



ある意味コンサルティングで学ぶ思考の枠組みというのもこれと

近いものがあるようです(実際私の所属していたゼミから、

コンサルティング会社に就職する方多数いました。)。



教授は、政治学の授業なのに、論理的思考の重要性を

事あるごとに語られていました。自分が論理的思考が出来ている

とは思わないのですが、今となってはいい勉強をさせてもらって

いたのだな、、、、と思います。





こうした思考の枠組みをうまく使いながら、

世の中を捨象して見ていくことも時には必要なんでしょうね、、、







蛇足の2つ目ですが、今この本を再読しています。



30歳からの成長戦略 山本真司著



30歳からの成長戦略―「ほんとうの仕事術」を学ぼう (PHP文庫 や 36-1)
30歳からの成長戦略―「ほんとうの仕事術」を学ぼう (PHP文庫 や 36-1)
山本 真司



PHP研究所 2007-02

売り上げランキング : 6671



おすすめ平均 star
star『集中と弛緩』

star評判のベストセラーが待望の文庫本に



Amazonで詳しく見る
by G-Tools


筆者はコンサルタントの方です。



大衆化したビジネス・スキルは超高速で学び切って、

差別化戦略を取れ!というのが基本的なメッセージ。

とても参考になっています。今度レビューしたいと思います。


<関連エントリー>

第1回、同時多発変化連絡会議「見えてきた未来」シンポジウムを聴講その1






第1回、同時多発変化連絡会議「見えてきた未来」シンポジウムを聴講その2










 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

カテゴリー: OBII

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です