書評を書いたら、本の著者からコメントが・・・

投稿者: | 2008年4月25日

先日、このブログで以下の本の書評を書いてみました。



はじめての課長の教科書 酒井 穣著を読む



はじめての課長の教科書
はじめての課長の教科書
酒井穣



おすすめ平均
stars国・役職を絞り込み、時代も一致

stars助かりました

stars私も良かったです

starsすばらしい本でした。

starsわたしも『はじめての課長』



Amazonで詳しく見る
by G-Tools

某アルファブロガーの方が推奨しているとのことで、

書店で思わず手にしてしまったというのが本音です。




そうしたところ、なんと先日著者の方からこの私の

書評にコメントが入りました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■はじめまして。

ご紹介いただいた本書『はじめての課長の教科書』

の著者です。

まずは本書のお買い上げ、ありがとうございました。

また、嬉しいコメントの数々をありがとうございます。



現在は課長的なポジションにいなくとも、課長を補佐したり、

または課長的な仕事をすることなどもあるでしょうから、

そうした部分で、少しでも実務に使える話を

見つけていただければ非常に嬉しいです。



今後とも、よろしくお願いします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こういうのって、ウェブがあるからこそのことですよね。

著者の方によるプロモ的な要素があるとしても、

自分の書評を著者が読んでくれて、コメントを残してくれるのに

悪い気はしません。

実はこういう経験は2回目。1回目は、ランチェスター経営で

有名な某経営コンサルタント
の方からコメントをいただきました。


こういうことがあると、ブログを書くモチベーションが格段に
上がりますよね(^-^)/

いろんな方とゆるくつながっている、そんなことの貴重さを
実感している今日この頃ですが、そんなことを補足する経験
ともなりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

書評を書いたら、本の著者からコメントが・・・」への1件のフィードバック

  1. 酒井穣

    1 ■こんにちは。
    プロモという意味がないと言えば嘘になりますけど、筆者としては、やはり自分の著作を取り上げていただければ、何らかのお礼を言いたくなります。

    筆者にとって顧客は読者なわけで、「買っていただいた」というだけでも嬉しいですからね。今後とも、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です