ネットショップ「儲かる仕組み」をこう作れ! 藤間文夫著 を読んで 俺でもやれるかもと思う。  

投稿者: | 2008年2月29日

50歳近くになり、旭化成という大企業を脱サラして、
ラーメン店を開業するも失敗。

2000万近くの借金を抱えるという人生の底から、

一念発起でネットショップで成功。

ネットショップ「儲かる仕組み」をこう作れ!―50歳、知識ゼロの素人が10カ月で月商300万円/藤間 文夫


¥1,470
Amazon.co.jp

本書ではそんな筆者が、メールと検索エンジンでの検索ぐらい

しかネットをできない状態から、Yahoo!対策で成功して、

月商300万円になるまでのネットショップノウハウを

惜しげもなく公開してくれています。




(なぜ商売の成功ネタを公開するのか、というのは以前このブログにも

コメントをくれた(笑)経営コンサルタントの栢野克己
さんに

促されてのことのようです。)






筆者の運営するサイト(会社)はリサイクルトナーの

エースサプライ
という会社です。








(TOPページだけを見ると、意外とシンプルな感じです。

正直これで月商300万円かとちょっと驚きますが。)


さて、いろんな部分が参考になったのですが、本書で

特に私の胸に突き刺さったのが次の一文。





最近もまだまだ多くの人が使われている、Yahoo!JAPANを

陰でささえている・競争力の源泉になっていると話題になった

Yahoo!のカテゴリ登録について説明する部分で、




目標のカテゴリのトップページに表示されているホームペー

共通する要素をすべて備えたホームページを作成

すれば、おのずとそのカテゴリに登録される

ほんと当たり前なんですが、意外とこういう視点が

欠けてしまっていることがあるんです。まさしく私の状態がそれ

なんですが、、、




ある日ふと本当に基本だけど頭に抜けていた大切な事に

ばったりと突き当たる。




この本は、私にとってそんな状況をくれる本でした。

ちょっと尻切れですいません。





過去記事より



検索順位がみるみるアップする本 サイビズ社 信太 明著



キラーウェブ 儲かるウェブの裏側 前野 智純著を読む

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です