3G・ハイスピード携帯の速さに思わず感心してしまった

投稿者: | 2008年1月8日

昨日久しぶりに上司や同僚に顔を合わせたのですが、休暇中のダラクぶりを話した後、

携帯のトピックとなり、偶然同席者の内の2人がここで携帯を変えた、という話に。





2人とも3Gとか、ハイスピードと呼ばれる機種に変えたらしく、

「これで仕事中にブルームバーグをワンセグで見れる」といった話も面白かったんですが

一番驚いたのは、そのブラウジングのスピードの速さでした。





今私が所有しているauのはW31CAという機種なのですが、ちょっと前までは、他社の携帯に比べて

かなり表示スピードが速いという感じだったのです。





ところが、昨日見せてもらった両機種はそれと比較に

ならないくらい速いことに愕然としてしまいました。





思わず 「はや」と口走ってしまいました





あとは、某ドコモの携帯で見たPCサイト。小さいことはありますが、その奇麗なこと。

あれなら十分利用に耐えうるかと。





関連して思ったのは次の3点。



・携帯の表示速度はすでにADSL並み。ネット接続機能を使う人は、一回一回の待ち時間を

 考えたら、第3世代への機種変更を早めに行うことが望ましそう



・携帯はまだまだ進化の余地がある。やはり、デバイスとしての可能性(将来性)はPCより高い。

 PCサイトを携帯から見るのが、普通になる時代がもう少しで来るのでは。



・それでも一番の弱点は、文字を書くこと。文字を書くことへのハードルが下がれば、

 重い思いをしてモバイルPCを持ち歩く必要はさほどなくなる。





携帯の可能性というものを再認識させられ、新時代の風を浴びるようでなかなか面白かったです。



※個人的には、ドコモ・ソフトバンクの最新機種の高い性能を見せられ、

 使用料金を節約するためにauを2年で長期契約した後だけにちょっと後味の悪い感じも残りました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です