月に100万稼げるドロップシッピング 竹内謙礼著 (日本実業出版社)を読む

投稿者: | 2007年11月19日

そろそろ年末の足音が近づいてくる頃だと思いますが、皆さんどうお過ごしでしょうか

私は今年の目標にアフィリエイトで月○万稼ぐ、というのを掲げてみたのですが、

正直、途中から挫折ぎみで今日まで来てしまいました。





アフィリエイトってやはりかなり時間を食うものなので、なかなか難しいと実感しておりますが、

最後までジタバタしたいと考えている次第です。




そんなこんなで今日のエントリーです。





昨日のアフィリエイトカンファレンスでアンケートに答えてもらった、

月に100万稼げるドロップシッピング 竹内謙礼著 (日本実業出版社)を読んでみました。



月に100万稼げるドロップシッピング/竹内謙礼


¥1,575
Amazon.co.jp


個人的にはアフィリエイト関連の書籍は過去結構読んだのですが、ドロップシッピングをメインで

書いてある本を読むのは初めての経験で、何か得るものがないか注意しながら読んでみました。





筆者は本業はネットショップのコンサルタント(起業家塾のドリームゲート等でも講師をしている

)らしく、自身でも楽天でNo1に輝いたウェブショップの運営をしたこともあるという方だそうです。







ドロップシッピングは商品の販売代理をするという意味では、アフィリエイトと同じですが、

価格を自ら決定できるなど、商品の販売に関して代理者の裁量が大きく、その分利益も

出しやすい仕組みです。もちろん多少のリスクもある場合があるようですが。。





この本はそのドロップシッピングの基礎が実例と共に多数紹介されており、

また新しい分野だからこそ気をつけておくべきこと(商取引法関連事項など)が

書かれており、参考になります。





個人的なイメージでは、ドロップシッピングはアフィリエイトと同様な部分も大きいの

ですが(検索エンジン最適化、売れるものをどう売るか、)、一方でネットショップの

運営に近い部分(商品の価格をどうするか、、、どうやって売るための広告を出すか、、、など)が

あるようです。これは筆者の経歴によるところも大きいのかもしれませんが。





そう言えば、昨日のアフィリエイトカンファレンスで電脳卸の刺客(COOらしいです。相変わらず、

すごい肩書きですが。)の田村さんという方が「アフィリエイトとドロップシッピングは別の市場だと分かった。

アフィリエイトが専門店なら、ドロップシッピングは一坪ショップである。」とコメントされていました。

まだ、ドロップシッピングを本格的にやったことはないので、実感は湧きませんが、実施どうなんですかね?



本文中にも出てきますが、アフィリエイトよりも更に競争が激しく、売る仕組みをしっかり

作らないといけないため、非常に鍛えられそうです。ネットショップみたいなものの運営に興味のある方には、

アフィリエイトよりも更に勉強になる、と言えそうです。





私も過去に登録してあったASP(もしも リアルコミュニケーションズ)のサイトを見直して、

何かいい商品がないか、面白いことができないか、再度確認してみたいと思います。



※文中に出てきた成功者の事例や検索対策の話も参考になりました。


アフィリエイト・カンファレンスに参加



↓こちらもよろしく!

ネットビジネスに役立つ情報サイト Worklabo



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です