時代の流れを感じる一日

投稿者: | 2007年10月2日

今日は何となく時代の大きな変化を感じる、そんな一日でした。

世間的にはなんといっても郵政民営化の話が大きかったのでしょうが、
メディアに勤めるものとして、同様に大きいなーと感じる出来事がいくつかありました。

それは、いずれも各新聞社のネットに関連した動きです。

 

まず毎日新聞ですが、本日より毎日.JP
という新しいニュースサイトをリリースさせました。

これは今までのMSN毎日インタラクティブでのMSNとの提携を
解消したため作った新しいサイトで、今後はYahoo!との連携などに
活路を見出すのだそうです。

早速サイトを見てみたのですが、
ウェブ2.0提唱者のティム・オライリーのインタビューなど、
下馬評が低かった割には結構頑張っているなーというのが実感です。

サイトも意外と見やすいような・・・

 

続いて産経新聞とマイクロソフトによるMSN産経ニュース。

上述の毎日新聞とのMSNとの提携解消を受けて、
今度は産経新聞とMSNがくっついてMSNのニュースが新しくなりました。

報道によると、このMSN産経ニュースは、欧米では一般化している
ものの日本ではあまり十分ではなかったニュース記事のWEBでの
優先的な使用(ウェブファースト)というものに取り組むそうで、
いままでよりもウェブでニュース速報を充実させるという意欲的な
取り組みが予定されています。

こちらも結構コンテンツを充実させてようとする意図は伝わってきました。
ただ、今日はアクセスが多かったのか、昼頃からサイトがつながり
にくい状態になるなど、厳しい船出になったようです。

最後に朝日新聞・日経新聞・読売新聞の提携の話。3社合同での
インターネットの新サービスの作成や販売網の統合と維持等を
意図したものだそうです。

推察するに販売網の話が主眼でインターネットのほうは付け足し
のようなものに過ぎないのかもしれません(現に具体的な内容は
これからつめるとのことです)が、この3社とて産経や
毎日の動きに少しは刺激されているんじゃないかと思います。

 

先日の週間ダイヤモンドの新聞没落の特集なども記憶に新しいところ
ですが、日本の新聞業界にも大変革が訪れようとしているみたいですね。

株式を公開しているわけではないので、アメリカのようにすぐにどっかに
買収されるみたいなことはないのでしょうが、今までのように安穏としては
いられない状況になりつつあるようですね。

ネットメディアに勤めるものとして、新聞業界とそのウェブ戦略には
今後も注目してゆきたいと思います。

【関連記事】

日本の名立たる新聞の社説・コラムをまとめ読みできる良アプリ 20120208



【Follow me! on Twitter】
goodiphoneapp・・・iphoneアプリ関連の更新情報をTweetしてます。フォローください!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です