Googleプロダクトセミナー第三回 @アップルストアに参加してきました。

投稿者: | 2007年6月22日

昨日Googleプロダクトセミナー第三回(@アップルストア銀座)に

参加してきました。





前回
は満杯で立ち見だったので、今回は同じ轍は踏むまいと少々早めに到着。

着いた時にはまだ席が残っていて、ゆっくりと座りながらセミナーを聞くことができました。





第二回
に続いての出席ですが、前回同様今回もポップな感じの社員自作という

ビデオクリップが連続再生されておりました。





前の方の席だったので、画面を見ていると 



Google

Aint  no mountain  high  enough  との文字。





もしかして(今となってはGoogleの子会社の)Youtubeに上がっているかと

見てみたところ、





ありました。





しかも、28作品が上がっていました。

元の歌は結構有名な歌みたいですね。。



Aint no mountain  high  enough
(Youtube)



ビデオクリップで流れていた歌は、これの替え歌になっていて「Googleにとって高すぎる山はない、

低すぎる谷はない、広すぎる川はない」みたいな意味になっているようなのですが、

世界中の情報を整理することを標榜しているGoogleという会社を良く表わせていて、

なかなかセンスがあると思いました。







そんなこんなで、19:00になってセミナーが始まりました。





今回のセミナーの主題は2つ。



1つ目はサイトの構造を最適化するためのGoogle Optimizerについて。

2つ目はGoogle Adsense広告でより収益をあげる方法について。





1つ目のGoogle Optimizerは、サイト作成者向けのツールで、サイトの構造を

どのようにすれば一番成果があがるかを、いろんなパターンでテストしながら見つけ

出すことができる、というものです。



Google Adwordsを出稿している人であれば、

誰でも利用できるとのことです。





たとえば、ヘッドライン部分はこれで、、、イメージ画像をは女性にして、、、本文はどの色にして、

といったことを、いろんな組み合わせで試して最適な組み合わせ見つけ出すことを可能に

してくれます。





スピーカーのGoogleの方の説明が早かったので、完璧には分からなかったのですが、

すごく科学的にできていて、データも詳細に取れるツールだということは分かりました。

正直同じWEB媒体社としては、ここまで出るの・・・という感じでした(Google Analyticsの

機能的なことにも驚かされましたが・・・)。


ただし、問題は使いこなすのに少々ハードルがありそうなこと。

若干本を買って勉強したりする必要があるし、粘りがひつようかもしれませんね。







2つ目は前回の後半部分に続いてGoogle Adsenseの収益をあげる方法についてでした。




具体的に言うと、Adsenseで貼る広告について、



・配色



・フォーマット



・掲載位置



・カスタムチャネルの活用



などの観点から収益をよりあげるための方法を伝授する、というようなものでした。



参考になったのは、次のようなこと。



・広告フォーマットは、より幅の広いものが有効



・テキストだけではなく、イメージ広告や動画広告も表示可能なフォーマットを

 利用した方がいい。なぜなら、キャンペーンものが入る事が多く、その分クリック

 単価が高くなる場合が多いので



・いわゆりリンクユニットと呼ばれる広告は、狭いスペースでも貼れるという利点が

 ある。また、リンクユニットの飛び先ページは、広告だけのページになるので、他に

 他にコンテンツが特に無いため、広告が押される確率が高くなっている。




ダイジェストとしては、こんな感じでしょうか。

1時間半ほどで終了しました。





2回参加させていただきましたが、やはりいろいろ参考になることが多いです。

まだまだAdsense  Adwords  Optimizerと勉強が必要のようです。



そういうことに気づけただけでも有意義だったと思います。

しばらくここら辺のことについて集中的に情報収集をしてみたいと思います。

それにしても、Googleのツールの精度の高さには驚かされます。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です