Googleプロダクトセミナー第2回に参加してきました。

投稿者: | 2007年6月2日

水曜日は、銀座にあるApple StoreにGoogleが個人ユーザー向けに行っている、

Googleプロダクトセミナー」の第2回に参加してきました。





このApple Storeなるもの、Apple社製品は全く使ったことが無い私は、

初めて入ったのですが、まず驚いたのがエレベーターが完全に自動なこと。





ある程度人が入るまで動かない仕組みらしく、私が入った時には数人が

動くのを待っているといった感じでした。





このエレベーターはガラス張りで、そこからも店内が良く見えたのですが、

店内は、Appleのブランドの力というのでしょうか、独特の雰囲気があって、

なんとなく舞い上がってしまいました。





ブランドってこういうものだなーなどと考えされられ、また仕事がちょっとマンネリに

入ってしまっていたこともあり、これだけでいい気分転換になりました。

(そもそもGoogle×Apple Store Ginzaという仕掛け自体が、非常に我々に訴えかけてくるものが

大きいですよね。。。。)



3Fに入ると、すぐ今回のセミナー会場だったのですが、15分前ぐらいには入ったのにも

かかわらず、もう満杯で立ち見状態でした。





始まるまでの間、会場では世界中の社員の方が写っているポップな感じのビデオクリップが

流れていましたが、これが頭に残る残る。





今でも頭をグルグルしてます。おそらく、ニューヨークだとか、シドニーだとか色んな地域で

色んな人が写し出されて、世界展開しているGoogleならではの作り、という感じでした。





さて、19:00になって早速セミナーが始まりました。










今回の内容は2つ。



1つ目は、Googleが無料提供しているアクセル解析ツールGoogle Analytics
の紹介。



これは主に、最近新しくなったインターフェイスの紹介がメインでした。

個人的には、以下の点が参考になりました。



・アクセス解析のレポート結果をメールで送ってくれる機能が付いた。



・PDF形式でアクセス解析のレポート結果を見れるようになった。



・無償のシステムとはいえ、HONDAやBTなどの大企業でも使われている。



正直、”いまさら”の感もありましたが、説明を聞いてみると新しいGoogle Analyticsは

iGoogleのようにすごく操作性が良さそう(Ajaxとかに対応しているのでしょうか?)。



また、メールで送信してくれる機能は、忙しい我々にはとても助かりそうです。



ページ毎の詳細情報等も、かなりのところまで見れることが発覚。

これが使いこなせれば、他は必要無いぐらいまでのレベルにまで来ているようですね。





少しづつ使いこなせるように頑張りたいと思います。







セミナーの2つ目のお題は、Adsenseの活用法。





私もAdsenseを利用させてもらっているのですが、正直段々と収益が落ちてきていまして、

この辺でどうにか思っておりましたが、基本事項が多かったのですが、

いろいろ考えるきっかけになりそうです。





内容として参考になったのは、”コンテンツとの調和”についての部分。

自分のサイト内で、目立つようにさせるのか、目立たないようにさせるのか、

Color Paleteをうまく使ったいろいろな米国のサイトの事例を交えながら説明がされてました。





・広告の背景と枠線にそのページの背景と同じ色を使用する



もしくは、全く反対に



・ページとコントラストが出るような色にして、目立たせる





言われてみれば当たり前、といった感じのものも多かったのですが、

改めて確認するにはちょうどいい機会でした。





セミナー自体の主な内容はこんな感じでしたが、全体を通じて、





Googleは新しいブログもそうですが、私たちのようなユーザーとの接点を

しっかり取ろうとしている感じがして、好感が持てます。





第三回もあるようなので、余裕があればまた出席してみたいと思います。





※会場で昔からお世話になっている某代理店さんのYさんにお会いしました。

セミナー後、食事をご一緒させてもらったのですが、そこでも今のネットの

色んな情報をお聞きできて、非常に有益でした。



Yさん、またよろしくお願い致します。





 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です