MarkeZine:◎SEO対策の第一人者、渡辺隆広氏登場「戦略を作るのは日本よりも米国の方が進

投稿者: | 2007年5月11日

MarkeZine:◎SEO対策の第一人者、渡辺隆広氏登場「戦略を作るのは日本よりも米国の方が進んでいる」
このエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl



<引用> 

エンゲージメントとは今、アメリカで話題となっているキーワードで、消費者とブランド(企業や商品)を結びつけるために周辺情報を補強し、活性化するものだ。渡辺氏によると米国企業はこのエンゲージメントを高めるためにSearchを利用しているという。商品に興味を持った消費者がほしい情報を得られる仕組みを作ることに注力し、単純に売上や集客を増やすためだけにSEOを行っていはいないということを強調した。

<引用終わり>


紹介されているエンゲージメントを含めて、将来は”検索エンジン対策”にかなり広がりが

出てくることになりそうですね。


やはりそこには企業ブランドをどうしていくか、というブランドコンサル的な要素も重要になって

繰るかもしれません。




今までシステム中心だった検索対策を、どうやってブランドという非システム的なものに対応

するようなものにしていくのか、特にアイレップやアウンさんなどの会社の出方が見ものです。




やはり大手代理店さんと協力しながらということになるのかもしれませんが、、、



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ネットビジネスの情報サイト

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

posted by Buzzurl[バザール]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です