「愚直」論 樋口泰行著を読む。

投稿者: | 2007年5月5日


ダイエーの社長をしていたことも記憶に新しい、樋口泰行さんの本(そう言えば、今はマイクロソフトCOOなんですね、、、)。
メーカーの技術者 →ハーバードビジネススクール→ 外資系コンサル企業→外資系コンピューターメーカーと渡り歩き、

とうとう社長に登りつめるまでを素直に書いてある、体験的仕事論。
新卒入社の松下では、まったく期待はずれの部署に配属されたり、ハーバードではあと少しで退学の憂き目にあったり、

ボストンコンサルティングでは仕事のやりすぎで体を壊したりと、様々な試練を乗り越えて強くなっていく様子は、読む人を元気づけてくれると思います。

「普段の人では無理」といった話はほとんど無いような気がします。
この本を読んで、今より一段高い視座から、自分仕事をとらえ、とことんそれに打ち込むことの重要性を

再度確認させられました。
留学希望者、転職希望者にもきっと参考になります。

「愚直」論  私はこうして社長になった「愚直」論 私はこうして社長になった
樋口 泰行


ダイヤモンド社 2005-03-04
売り上げランキング : 34965

Amazonで詳しく見る by G-Tools
【おすすめ関連記事】
時間をかけない情報整理術佐々木直彦著読む 感情フィルターを活用し、成果を出しながら情報を整理せよ! 20110220

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です