東京インタラクティブ・アド・アワード 2007年受賞作

投稿者: | 2007年4月5日

結果発表
このエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl

毎年いろんなバナーがあり、楽しみにしています。





対象はナイキということですが、こういうものにお金をかけられる企業文化

があるのはさすがです。受賞作は、代理店の方ががんばった感が満載ですね。。



※アド部門の金賞のthink-tax.jp – 増税について考えませんか -(日本労働組合総連合会)

をやってみました。私は、1年間の増税額が249500でした。こう呈示されると、結構気になりますね。



インタラクティブ・アド・アワードの名前を冠しているだけあって、ユーザーアクションを

要するものが多いのも特色ですね(私が普段扱っているものでは、なかなか

インタラクティブの要素のある広告って少ないのですが、、、)。





これからのバナー広告はやはり、広告クリエイティブが今までよりもさらに

重要性を増していくだろうと考えております(回線速度の向上に伴う、

バナーの大型化・大容量化がさらに進むと思います。)。





今後のバナー広告のクリエイティブを考えていく上で、参考になるものの

一つにはなることは確かだと思います(ただし、こういったものは、認知をあげる

効果はあっても、販促にはつながらない場合も多いのですが、、、)。

posted by Buzzurl[バザール]

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です