@niftyラボ vs gooラボ  第3回OBIIミーティング  に参加してきました

投稿者: | 2007年4月1日

先週の金曜日、仕事をはやく切り上げて、

OBII(大手町ビジネスイノベーションインスティチュート)に参加してきました。



[OBII
]第3回ミーティング「gooラボ
vs@nifty
ラボ」



いつもどおり、場所は、大手町のとあるビルの一角でした。





@niftyラボ、gooラボそれぞれの運営者の方より、自社サービスの一つについての説明プレゼンがあり、

一通り終わったあと、各ラボよりお題が出て、3人1組の班に分かれて改良点・プロモーション案等を出し、

出たものについて代表者が発表する、といった感じでした。





先日Yahoo! JAPANも研究所を作るというニュースが報じられましたが、

いろんな企業で、こうした技術的な研究に力を入れる動きが増えてきているなー

と感じています。





名前を出すだけでもこの他にサイボウズだとか、サイバーエージェント

はてな、といったネット企業も既にそのような機関(機能)を持っていると思います。





研究所というと、Googleのアメリカ法人の動きが真っ先に浮かびますが、

日本でも、Googleのような独創的なアイデアが生まれる土壌ができつつあるようですね。





WEBの世界では日本発のビジネスモデルは、唯一楽天がそれに当たるぐらいで、

他にはあまりない、、何て聞きますが、これから先はそういった状況も変わってくるかもしれませんねー。





今回参加するにあたってそんなことを考えました。







さて、会自体は前回同様グループディスカッション中心といった感じでしたが、

正直毎回自分の足りない部分に気づかせてもらっています。





短い時間に、グループの中で十分意思疎通をして、

アイデアを練る作業というのは、なかなか難しいものですね。





なかなか自分のいいたいことが伝わらなかったり、反対に相手の言いたいことを十分に

汲んで議論を組み立てることができなかったり、そんな感じです。





前回参加した感想でも書いたのですが、こうした機会自体が少ない、というのもあるかもしれません。

会社の議論だと、どうしても上下関係みたいなものがあると思うんですよね。





こうした対等な人同士でのディスカッションって、なかなかいい経験です。





※終わったあとの飲み会で、いろんな方と話をするのも、すごーく新鮮でいいです。

 なかなか普段話せない方と、いろんな話ができるので、自分の視野が広くなる感じがします。



 

そんなこんなで今回も有意義な体験でした。次回も是非参加してみたいと思います。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

カテゴリー: OBII

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です