プロフェッショナル仕事の流儀 映画監督・宮崎 駿 を見る

投稿者: | 2007年3月27日

先ほどのこと。





嫁が、10時をちょっと過ぎた頃、「今日遅くなるので、”今週妻が浮気します”を



録画しておいてください」とメールをしてきたので、居間に録画をしに行ったところ、



”ツマウワ”が9時から1時間の番組で、既に終了していることが発覚。





「最終回だけ見逃して、かわいそうだなー」などとひとごとで思いながらチャンネルを回していると、



なんとNHKでプロフェッショナル仕事の流儀
がやっているじゃないですか。。。。しかも既に終盤。







今回のゲストはあの有名な宮崎監督だったので、絶対見てやろうと思っていたのですが、



こちらも録画を忘れてました(4月から放送時間が、火曜日の10時からになったんですよね、、、、)。







嫁より状況が少しましだったのは、20分ほど番組を見ることができたこと。







監督の新作映画の創造過程がNHKのディレクターの体当たり取材で、非常に面白く描かれていました。



(監督は、創作が深い段階に来ると、すごく不機嫌になるらしく、その不機嫌な監督に負けずに



撮影しているディレクターさん・カメラマンさんの頑張りがなかなか良かったです。)





創作にかける監督の半端ない情熱みたいなものも、画面からひしひしと伝わってきて、



しびれました。すごく迫力があって、、また、映画作りに対する情熱みたいなものを感じました。





番組の公式ホームページ
を見ると、すごく難しそうなことが書いてありますね、、、、



ほんとに、アニメとはいえ、ものすごく深い。感動モノです。





※世間で話題になった、長男の吾郎さんが監督をつとめた「ゲド戦記」を見た監督が、



(吾郎さんのことを)「まだ大人になってない」といっていたのも印象的でした。



番組によると、後日監督は吾郎さんに、それなりに評価する言葉をかけたらしいのですが、



上記の「大人になってない」という部分の意味するところはいったいなんだったのでしょうか?



これに関連した部分で、監督が映画作りについて「世間を変えるという気持ちでやらないといけない、



実際には何も変わらないんだけど」といっていたのも、すごいなーと感心しました。







全部見れなかったのは残念だけど、面白かったですヾ(@^(∞)^@)ノ





技術者 渡辺誠一郎(2007年3月1日放送) | NHK プロフェッショナル 仕事の流儀
このエントリーを含むBuzzurlこのエントリーを含むBuzzurl

DVDに録画しておいたものを今日読んでみました。



シリコンバレーのダイナミズムみたいなものがビシビシ伝わってきました。



一度シリコンバレーに行ってみたいな、と思うようになりました。



心に残ったのは、シリコンバレーで使われる”マドルスルー”という言葉についての部分。



「シリコンバレーの流儀とも言われる、この言葉。まるで、

泥の中に放り入れられたかのように、上下も左右もわからなければ、

解決策も見当たらず、出口がどこにあるのかさえも見えない。」ような状態を

何とか抜け出すこと、を意味しているようです。



渡辺さんによると、それには、考えているだけでは駄目で、行動に移さなければならない、

とのこと。





考える+行動する



これをどこまで追求できるか、成功者が共通して言うことだと思いますが、

なかなか実践は難しいですね。



新聞とか雑誌とか本とは、受動的な状況で受け取っているだけでは駄目で、

そこから何かを考え、同時に行動をする、「学び思はざれば、すなわちくらし」

と確か論語か何かにあったけど、ほぼ同じようなことでしょう。



考える+行動する  今年の重点テーマにしたいと思います。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ビジネスマンの便利ページ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

プロフェッショナル仕事の流儀 映画監督・宮崎 駿 を見る」への3件のフィードバック

  1. ネット通販カード決済情報

    ネット通販カード決済

    ネット通販カード決済の情報が満載です

  2. 群馬健康ランド情報

    群馬健康ランド

    群馬健康ランドについての情報です

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です