持続力について

投稿者: | 2006年12月10日

持続力
この頃、”持続力”ということについて考えさせられるものに2つあたった。

ここ2年ぐらいは、いかに地道に持続していくか、というのが、私のビジネス(営業)の重要な課題だと思っているので、ちょっと書いてみたい。


一つ目は、ダカーポの9/20号の、ずばり”「持続力」をつける”という記事。この記事には、様々な”持続の達人”が登場して面白かった。



例えば、昆虫研究を50年続ける人、ブタの撮影を15年続ける女性、

アーチェリーでオリンピックに5回出場し、前回の大会で銀を取ったご存知山本先生、、等々。

それぞれが語る秘訣は様々で、例えば、ある人は好きになることだと言い、またある人は、目標をしっかりともっておくことといい、またある人は、マイペースにやること、と語っていた。


いい記事はいろいろあったのだが、その中でも、立正大学の齋藤さんという心理学部の教授さんが書いていたことが少々目に止まった。

内容としては、これからの時代に合わせて、ガッツや根性ではなくて、理性で持続力を磨いていく、ということについてだった。

理性で持続力を磨いていくためのキーワードとして上げられているのが、以下の3つだった。


・仲間  ・・・特に職場のような忍耐の必要な環境では積極的に仲間を作る必要がある


・目標  ・・・無理せず達成できるレベルで良い


・楽しみ ・・・例えば、帰りに飲む場所を作る等


特に仲間なんていうのは、やはりいるといないのとでは、かなりモチベーションに違いが出てくるんだろう事は、そんなに想像に難くない。


必要最低限だけど、なるほど、、、という感じ。仕事上のモチベーションを維持していくためにも、参考にしたいと思った。


*ぜひ、以下の記事もあわせてお読みください。
道は開ける デール・カーネギを改めて読んでみた

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です