川本裕子の時間管理革命を読む その2

投稿者: | 2006年11月12日

先日も書いたのですが、『川本裕子の時間管理革命』という本を読了しました。





内容は、すごくシンプルで、時間というものといかに付き合うか、ということについて



書かれた本です。





シンプルだけど、大切なことがつまった本、という印象を持ちました。



何回も読み直して行きたいと思います。



前回のものに付け足して、まとめると、



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



自分の時間を最大限有効利用するには、



目的をはっきりとさせて、問題解決の「出口」から、

どのくらいの時間が必要かを割り出し(目的意識の明確化)、



自分に与えられている総時間を把握した上で(総量管理)、



それをどう割り当てていくか順位付けをして(優先順位付け)、



スケジュールに具体的に落とし込みながら一つ一つこなしていく(時間の見える化)



といったことが大切である、



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



以上のような感じになるかと思います。




スケジュール管理をする(本書の言葉では、時間を管理する)上で、本質的に



大切なことが、簡潔に書かれておりました。




例えば、こんな文章が心に残りました。



「みずからが主体的に自分の時間を選び取ること、楽しく充実して生きるためにどのように時間を

使うかを真剣に考えること。それこそが、時間を有効に使うということであり、時間管理の基本、、、、」

(p67)



これ以外にも、先日読んだ佐々木かをりさんの『ミリオネーゼの手帳術』という本にも



同じようなことが書かれていたのですが、手帳等をうまく利用して、



時間を見えるようにしておく(例えば、何時にお客さんと会うというようなことだけではなく、



その準備に必要な時間や進行等も一緒に書いておく、など)ことの大切さやそのコツといったことが



書かれていて参考になりました。



最後には、スケジュールをとにかく守る事の大切さ、といったこともありました。





全体を通じて、とことん考えることの重要性が語られていました(特に筆者のバックグラウンドも

あって、仮説思考等の論理的な判断力をつけることの重要性も強調されていました。)。





時間についてとことんまで考えること、なんだか哲学みたいなものにも通じる話だと思いますが、

非常に大切なことだと思います。自分のこれからに参考にしてゆきたいと思います。




川本 裕子
川本裕子の時間管理革命








 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

川本裕子の時間管理革命を読む その2」への2件のフィードバック

  1. ブライアン・トレーシー無料レポート

    ブライアン・トレーシー無料レポート

    ブライアン・トレーシーは、全米でトップ5に数えられる有能な講演家でもあり、ダイナミックでパワフルな講演は、受講者の創造力を刺激し、 潜在能力を引き出すことで高く評価されている。 アメリカ・カナダのみならず、4カ国語を駆使し数10カ国以上で講演活動を行っており

  2. ブライアン・トレーシー無料レポート

    ブライアン・トレーシー無料レポート

    ブライアン・トレーシーは、全米でトップ5に数えられる有能な講演家でもあり、ダイナミックでパワフルな講演は、受講者の創造力を刺激し、 潜在能力を引き出すことで高く評価されている。 アメリカ・カナダのみならず、4カ国語を駆使し数10カ国以上で講演活動を行っており

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です