リストラ起業家物語 風樹 茂を読む

投稿者: | 2006年2月28日

ここ何日間で、なんとなく買った以下の本を読みました。

風樹 茂
リストラ起業家物語―クビ、失業から這い上がった8人

会社を首になったり、思うようにならなかったような人たちが、多くの場合他に仕方がなくて、起業した、その経緯をインタビューを基につづった本。





筆者自身も、職がなくて、仕方なく独立した経緯があるらしく、体験者だからこそ、聞きだせるようなことも多く書いています。



この人は、ホームレスの本とかも出していて、なかなか個性の強い作家のようです。





さて、起業家の物語って、ともすると成功の自慢話になりがちなきらいがあると思うのですが、この本は、そういったありがちな様態の起業をつづったものではないので、逆に良かったですね。



自分と同じような境遇にいる人が、どうやって起業したのか、実物大の物語だけに自分と比較して読むといったこともできる本だと思いました。



まだまだ書きたいことはあるのですが、またの機会に。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です