またまた洗足池に行く

投稿者: | 2005年12月18日

今日は特に予定もなかったので、家の近くを散策してきました。



引っ越してきてから、あまり余裕がなく、行きたいと思っていてもなかなか行け

なかったので、いい暇つぶしになりました。



こうやって今まで行った事がない場所にどんどん行くと、気分転換はもとより、なんだか自分の視野まで広くなりそうなので、普段の運動不足解消も頭に入れて、どんどん動いていきたいと思います(春になったら、マウンテンバイクでも買おうかと画策中です。)。





さて、今日のコースは、自宅→品川区の荏原・旗の台の両駅周辺の商店街→大田

区の洗足池というルートでした。最初は徒歩、その後は電車でした。



やはり良かったのは洗足池です。池の畔を歩きましたが、落ち葉が風に舞っていかにも冬枯れ、という感じで、とても静かな時間が流れているような感覚を持ちました。














※水面から出ている杭が一列になっていて、その上に鳥が並んでいるのが見ていただけるかと思います。
































※寒くて、風も強かったですが、この時期特有の強い光が水面に反射してました。



















前回夏に来たときも、それはそれで良かったのですが、冬はまた良かったです。

























池には、水鳥がたくさん集まっていて、中には水もから出た杭の上にのって動かないものや、あちこち動き回っているもの等様々でした。水面に目をやると、鯉がたくさん泳いでいました。























ここは、表立っては見えませんが、水質の浄化を人工的に行っており、きれいな水があるので、様々な生き物が集まってきているみたいです。





























さて、しばらくゆっくり水面を眺めた後、この池から程近い図書館へ向かいました。







途中、日蓮上人が、この地に立ち寄ったときに座ったとされる松や、勝海舟がこの地に住んでいたことを示す案内板等を見ながら、図書館へと向かいました。勝海舟がここに住んでいたのは、初めて知ったので、「へぇー そうなんだー」という感じで、妙に感心しました。































このような感じで、洗足池を堪能してきました。こういうところが都心にもあるのは、すばらしいと、またまた再認識しました。まさしく生き物にとっても、人間にとってもオアシスという感じでした。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です