行動ターゲティングについて

投稿者: | 2005年12月6日

米行動ターゲティング広告大手、日本に参入
(日経ネット)





アメリカのレベニュー・サイエンス
という企業が、インターネット広告のメディアレップDACと組んで行動ターゲティングで日本市場に打って出てくる、という記事です。





行動ターゲティングとは、ある一定期間に特定ユーザーの志向をつかみ、それに合わせて広告を配信する仕組みのことです。





既に今でも、特定のワードで検索したユーザーに対して、そのユーザーが行く先々のページで、検索したワードに関連したバナー広告を見せる、という手法がありますが、今回の行動ターゲティングは、そういった技術をさらに深くしたものと考えていいのだと思います(ユーザーを追いかけてくるので、ストーカーバナーなんて揶揄しています。)。





アメリカでは、既にかなり大きな市場になってきていると聞いております。日本でどのくらいの規模になるのかが見物です。





また、今まで日本に導入された効した技術って現場ではあまり効果が感じられなかったので、その効果の程にも興味があります。



そのうち私も関係することはあると思いますので、興味深々で待ちたいと思います。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です