またまたTOEICを受けて来ました。

投稿者: | 2005年11月15日

本日、またまた会社でTOEICを受けて来ました。







前回は800点そこそこだったのですが、今回はどうなるか。結果が良いといいのですが、、、そう甘くはないですかね・・・







今回も直前に、「TOEICテストスーパートレーニング」 木村哲也他著 という本を文法対策として駆け込みでこなしたものの、やはり本番になると分からないものも出てきますね。


木村 哲也, 水嶋 いづみ, ジョセフ ラペンタ, Joseph LaPenta
TOEICテストスーパートレーニング 文法・語法・正誤問題編

→アマゾンで見ると、結構読者からの評価が高いようです。




さて、今回は1時からだったのですが、食事を早めにすませ、冷たい珈琲を飲み、トイレに行き、と万全で受けることができて、あまり眠くならず、準備面ではすごくいい調整ができました。





テスト自体はいつもどおりの形式だったのですが、、大まかに振り返ると、





リスニング

→問題用紙に答えも・問題もまったく載っていないで、問題文や選択肢までもすべてが英語で出てくる終盤   の問題がやはり難しい。



このあたりは、付け焼刃ではなくて、やはりラジオ英会話あたりの中級教材を集中的にこなして、おおよその会話であれば、ある程度の長さであっても聞き取れるような力があることが必要だと思った。





文法

→分からない問題も幾問かは出るので、そういう問題は捨て問題として見極めることも必要だ。





ただ、やはり、ある程度の文法問題の習熟が必要。具体的には、上記の教材をまず数回繰り返してマスターすることが必要だろう。ここでは、確実に点が取れるようにしておきたい。





長文

→最後にあるので、時間切れがやはり怖い。基本的には時間をかけてゆっくり解けば何とかなる問題が多いので、ここはやはり時間配分の勝負だと思われる。





全般的に言って、当面の目標である、900点越えをするには、全体的にもう少しのレベルアップが必要だと、今日のテストを受けていて思いました。





明日からは、文法書等に習熟するとともに、全般的な英語レベルを上げる努力をしていきたいと思っています。問題を解くスピードも大きな鍵かもしれませんね。この他、CNNやCBSの動画サイト、英語のEメール、携帯緒メール等フル活用して勉強していきたいと思います。



なにわともあれ、毎回そうなのですが、2時間もテストを受けるのは正直結構しんどいですね。





おかげで今日もくたくたになってしまいました。

 







 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です