西沢渓谷に行きました。

投稿者: | 2005年7月18日

みなさん、連休は如何お過ごしでしょうか?





私は、いろいろ忙しく動きまわりまして、

少々夏バテ気味です。東京も梅雨明けとのことですが、

本当に暑くてやんなっちゃいますね、、、





さて、土曜日は、朝比較的早く起きて、

西沢渓谷という所に行って来ました。





西沢渓谷といってもあまりピンと来ないと思うのですが、

場所的には、小説で有名な大菩薩峠とか、同じく渓谷で

有名な昇仙峡の近くにある景勝地です。





私は、毎年海の日近くには、どこかに出かけていて、

昨年は高座山という富士山のよく見える山に登った
のですが、

今年は趣向を変えて、涼を求めに行って来ました。





言葉では表現し切れませんので、写真にてご紹介します。





歩いておおよそ3時間半ぐらいかかったのですが。

普段運動不足なことも手伝って行きは特にしんどかったです。

このような道を通ってきました。。↓







道中何回か吊橋を渡りました。

下のものよりもっと趣のある木の橋もありました。





こういう釣り橋はあまり経験したことが無かったので、

結構楽しかったです。





橋によっては、「一人だけで渡ること」と書いてあるところも

ありました。




↓川の流れる様子ですが、ずっと前に

行った青森の奥入瀬渓谷のそれを思い出しました。

スーッと透き通るように流れる、、という感じでした。







↓こんな滝のようなものがいくつもありました。

水は、石の関係もあるのでしょうが、

涼しげなエメラルドグリーンでした。

石から毒素が出ているらしく、川の水は飲めない、

ということでした。





下は、ハイキングコースの折り返しにある、

七釜五滝というところで、滝つぼは侵食されており、

文字通り釜のようになっていました。結構深いようです。







中間点をすぎて帰りは、中腹あたりの山道を

帰ったのですが、下のような景色になっていました。



昔の木材の運搬に使ったトロッコのレールの跡が残っていました。

今から30年ぐらい前まで使われていたそうです。



こんな急なところをトロッコで運んでいたんだ、、、と

感銘を受けました。




ちなみに周りの山は2000メートル超級らしく、

そのうち山登りにも挑戦したい、と思いました。



3時間半かかったため、結構しんどかったですが、

歩ききるとすがすがしい気持ちになりました。



渓谷の出口のお茶屋さんで、ヨモギもちを食べましたが、

これもことのほか美味しく感じられました。



渓谷を後にして、近くの村営温泉で一風呂浴びて、

一路帰宅の途に。



こうやって書いていくと、定年後のおじいさんのような

行動にも思えてきますが、これがなかなかいいんですよね。。



こんな感じで、楽しんでまいりました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です