「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 渋井 真帆著  を読む

投稿者: | 2005年5月22日

先週いっぱいをかけて渋井 真帆著「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト を読みました。



この本は、専業主婦の「私」が、銀行員の夫に「稼ぎ力(かせぎちから)」について、レクチャーを受け、

自分自身のものの考え方を、”経営者人材”のそれに変え、ついには起業するまでをストーリー形式

で書き上げたものです。



平凡な考え方しか持たず、仕事で成果が出ないことを嘆く一般人に、”視点”を変えることが必要だと

教えてくれます。



その”視点”とは、筆者によれば、

①長期的・将来的視点

②全体的・マクロ的視点

③本質的・根源的視点

④多角的・多面的視点

とのことです。



また、奇しくも、先週読んだ「30歳からの成長戦略でも”経営者人材”になることの重要性が説かれており、

違う立場にいる人たちが、ほぼ同じ思考を持っているということに感銘を受けました。





人生の経営、日々の業務の経営、経営者人材になるべく、日々意識をして過ごしたい、

と思いました。




著者: 渋井 真帆
タイトル: 「稼ぎ力」ルネッサンスプロジェクト 稼ぎ力養成講座Episode1




 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です