北海道4日目

投稿者: | 2005年5月2日



北海道4日目。朝はゆっくり起きて、片付けをして出発。



北海道出身の職場の元同僚M.Hさんに北海道らしい風景、ということですすめてもらった美瑛を目指した。





美瑛までは下道で1時間程度だった。途中きれいな農村風景に出くわしたので、たびたび記念写真をぱちり。





美瑛につき、どこに行こうかガイドブック片手に思案していたが、なんとなく見た標識に”望岳台”とあったので、さしたる理由もなく、そこに行くことに。





20キロぐらい走るとだんだんと遠くに雪山が現れた。最初は雲かと思っていたが、よくよく見ると、大きくて、形もきれいな雪山だった。







何という山かと思い地図を見てみて正体が判明。これがかの大雪山。




さらに車を走らせていくと、周りはだんだんと雪景色に。


ここはやっと雪解けの季節を向かえた、という感じで、まだ長い冬の最終段階、といったところのようだった。






さらに車を走らせたところで、観光案内所があり、いくつかビューポイントを教えてもらった。





まず最初に向かったのが、模範牧場というところ。中にこそ入れないが、そこからは360度の大パノラマが広がっていた。そして、ここから見る大雪山系は雪をかぶって荘厳な姿を見せていた。







ここでも記念写真をパチリ。。そして風景を目に焼付けた。





模範牧場を後にして次に先程紹介してもらった¨皆空窯
¨という場所へ。ここは倉本 聰脚本のドラマ「優しい時間
」に出てきた所で、主人公の息子はここで修行をしている、という設定になっていた。ドラマそのままの建物を見学。



特に何があるというわけではないのだが、テレビの効果は絶大で多くの観光客が来ていた。



皆空窯を後にしてやっと望岳台へ。除雪はしっかりされていたが、

背の高さよもはるか高く積もっている所も残っていた。



間近で先程見た大雪山を見る。改めて感動。



帰り道望岳台から程近い白金温泉に立ち寄る。この旅初めての温泉でゆっくりと。500円なのが嬉しかった。





帰りも白樺と雪と、はるか向こうまで見渡せる田園の中を車を走らせた。まさしく優しい時間だった。


*美瑛の田園風景。遠く大雪山を望む







*そんな風景を見ながら喫茶店でいっぷく。

たしか「風」という喫茶店だった。神戸牛のサンドイッチとかを食す。



マスターは神戸で働いていて定年してここにきたのかな?などど

想像を膨らませながら、ゆっくりしていました。





*マイルドセブンの木という有名な観光名所。マイルドセブンのパッケージ

に使われた木らしい。






*こんな白樺の中を走りました。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です