北海道2日目

投稿者: | 2005年4月30日

昨日は十一時頃にホテルを出て、札幌ドームに日ハム対オリックスを観戦しに出かけた。





東京ドームのようなものを想像していたが、ドームの形が横に長くなっていて、

色も東京ドームとは違う銀色だった。








この頃めっきり野球観戦には出かけておらず、とくにパ・リーグはあまり分からなくなっているのだが、谷ぐらいしか有名な選手がいない地味なオリックスと違い、今年の日ハムは、新庄、坪井、稲葉で固める外野陣をはじめとして、小笠原、セギノールと、役者が揃っている感じだった。





日ハムファンの数もすごく多く、20人ぐらいという感じのオリックスファンと好対照。東京から本拠地を移して正解だったんだなーと思った(あわせて合併球団の悲哀も感じたが、、、)。





ただ、試合自体は日ハム先発の正田が崩れなぜか2回に地味なオリックスが6点ぐらい取って決まってしまったが、新庄や稲葉等を間近に見れたのでよしとしたい。






観戦後、近くにある羊ヶ丘展望台
という所に歩いて行った。





ここは札幌でもすごく見晴らしの良いことで有名なところらしい。


あまり下調べをしなかったことがたたり、行った時には、すでに営業時間がすでに終了していたのですごすごと帰ることに、、、残念。





ホテルの近くに戻り、嫁がジモティーに聞いてきた「味の時計台」というラーメン店に。。。残念。ここもハズレだった。





ホテルに戻り落ち着いた後、路面電車に乗って夜景で有名な藻岩山
へ。市電の最寄り駅から少し歩いてロープウェイ・シャトルバスで山頂へ。





ここは昔、「ねるとん」のロケでも使われた場所らしいのだが、ここからの眺望は、見事のひとことだった。六本木ヒルズから見る夜景もとてもキレイだが、ここには及ばない、という印象を持った。



標高が500メートル以上あるため、山頂はまだまだ雪が沢山残っていて寒かったが、それを補ってあまりある夜景で、北海道に来て良かった、と思った 。



(写真は藻岩山からの風景。真ん中にかすかに札幌の電波等を見ることができる。)


帰りは、同じく路面電車ですすきの経由で。ネオンがまぶしかった。








その後、エクスシオールカフェでお茶を飲んで、ドンキホーテで、お菓子や飲み物を買い込みホテルへ向かった。こうして2日目も終了。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です