厄除けで川崎大師へ①

投稿者: | 2005年2月7日






今日は先日ブログに書いたことを真に受けた

妻と一緒に、川崎大師に厄払いに行ってきました。





初めて行ったのですが、思ったよりも、スケールが大きくて、

駐車場は満杯、人通りも多く、びっくりしました。





写真は、仲見世で、左右には、飴や饅頭を売る店が軒を

連ねていました。そして、特に飴をきる時に使う、

包丁で、まな板をたたくのが、風習のようで、その乾いた

音が、そこかしこで聞こえました。



私はその音に北野武監督の座頭市の大工さんたちが

家を作るシーンを思い出しました。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です