久しぶりの休日出勤

投稿者: | 2005年2月6日

金曜日、仕事が終わらず帰ってしまったので、

昨日は久しぶりの休日出勤を敢行した。





休日の六本木ヒルズ、まあ、ちょっと通っただけだが、

そんなに混んでいないように感じた。







久しぶりの休日出勤。前回は夏の暑い時期で、オフィスの中が

まったく冷房が効いていないので苦労したが、今日は暖房も効いてい

て、快適だった。







さて、以前もこのブログで紹介させてもらったと思うが、

私のデスクはビルの青山墓地側に面した(完璧な窓際)で、近くにさえぎるものも無いので、晴れた日は、青山墓地や新宿の摩天楼、富士山が非常に見事に見える。





六本木ヒルズの最上階には、展望台もあるので、そこからの景色はもっとすごいのだろうが、私のいるところでも、かなりの眺望が楽しめる。それはまさしく目に焼き付けておく価値のあるものだ。



特に、冬の今の時期は空気も澄んでいて、素晴らしい景色が見れる日が続いている。





こういうのを目の当たりにすると、六本木ヒルズで働けて良かったと感じる。(ブランドものに興味はないし、流行にも疎いし、中の飲食店は高いし、あまり享受できていないのだが、唯一この時ばかりは、、、という感じだ。)







さて、今日は、平日読みきれていなかったメールを整理し、やり残していた単純作業を黙々とこなした。一昨日も書いたのだが、先週はトラブル続きで、単純作業をこなすような時間も取れなかったので。





途中作業をさえぎるものもなかったので、ある程度思い通りにすすめていくことができた。





たまにはこういうゆっくりした時間の中で、落ち着いて業務を

こなす時間があっても良いのかなーと思った。







<昨日接触したメディア>

ガイアの夜明け(DVDに録画しておいたもの)





日経スペシャル「ガイアの夜明け」 2月1日放送 第146回

  カーナビの未来地図



http://www.tv-tokyo.co.jp/gaia/backnumber/preview050201.html






今回は、日本におけるカーナビ開発競争と日本企業(特にパイオニアがクローズアップされていた)の米市場への進出について取り上げられていた。



面白かったのは、米国発の技術が、本家であまりはやらず(普及率1%)、道が複雑に入り組んだ日本でうけているということ。





番組では、日本で培ったカーナビの技術を、今度こそアメリカではやらせようと、アメリカに逆輸入しようとするパイオニアの企画マンが取り上げられていたが、アメリカの巨大市場を標的にして、暴れてやろう!という心意気が感じられて、なかなかかっこよかった。





ちょっと話しはそれるが、個人的にはカーナビの今後の動きも注目していきたい。このようなテレマティクスが進化して、交通が最適し、渋滞が解消してくれると、疲れることもなく、その結果ビジネスマンの生産性も高くなり、ひいては経済にも好影響をもたらしてくれるのではないか?!という希望的観測を持っている。



番組の最後で語られていた、自動運転装置、のようなものが装備される日が本当に来るのか?まだまだ自動車の情報化、については今後進展の余地がありそうだ。



 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です