トラブル対応2

投稿者: | 2004年12月7日

今日も昨日の続きで、トラブル対応に追われた。



急な掲載中止はクライアントに迷惑をかけるので、なんとか現状のまま掲載するべく、社内の様々な人に今回の件につき見解を聞いて回ったが、結局骨折り損になり、ただ時間だけ浪費する結果になった。





結局夜になって、K編集長が掲載不可という判断を下したため、掲載を中止させてもらうことになり、その旨をC代理店さんにも報告した。





今朝の段階で、もちろんこういう事態になりうることについてはあらかじめ予見できたとも言え、それに対する予防線が張られていたかと後から考えると、必ずしもそうは言えないところもあったかと思う。



お客さんへの対応が大変になることが想定され、気が動転していたこともあった。結果的に初期の過程で、正しい判断ができなかったのは、非常に残念だ。



 初期段階で正確な事実を収集し、シュミレーションをしっかりたててから動くべきだった。



 トラブル対応は最初が肝心、ということをしっかり頭に刻みこみ仕事に挑もうと思う。  



今日はこの件で頭がいっぱいで、他の仕事が手につかなかった。なかなかうまくいかないものだ。





今年もだんだんと残り日数も少なくなってきたが、いい形で終わらせたい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でBusinessReminderをフォローしよう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です